menu
Social media

法律・マネー

【M&Aインサイト】英国のEU離脱によるM&Aの手続きについて

Cover bcca3b77 8134 4b45 a075 05b0a136e91d
※画像はイメージです

 現在、英国法人と他のEU加盟国法人との間のM&Aには、国境を越えた合併に関する指令(Cross-Border Merger Directive)が適用されています。英国がEUを離脱し、この適用を受けなくなる場合には、英国法人とEU加盟国法人との間のM&Aの手続きが大きく変更になる可能性があります。さらに、かかる合併に関する税制も併せて変更される可能性があります。また、現在のEU競争法の企業結合審査においては、複数のEU加盟国の法人を当事者とする一定のM&Aについて、EU合併規則(the EU Merger Regulation)により、欧州委員会の承認を得れば、当該個々のEU加盟国において承認を得ることは不要とされていました(ワンストップショップ)。しかし、英国がEUを離脱し、この適用を受けない場合には、英国における手続きとEUにおける手続きの双方を行わなければならなくなる可能性があります。

 EU市場へのアクセスの良さから、英国には多くの日本企業が進出し、持株会社や統括会社を設立し、あるいは製造拠点を設置してきました。今後英国への進出を検討している日本企業や英国法人に関連するM&Aを検討している日本企業は、適用されるM&A法制について注視する必要があります。

弁護士 大石 篤史
03-5223-7767
atsushi.oishi@mhmjapan.com

弁護士 山川 佳子
03-6213-8125
yoshiko.yamakawa@mhmjapan.com


文:森・濱田松本法律事務所Client Alert 2016年7月特別号より転載

森・濱田松本法律事務所

森・濱田松本法律事務所は、国内案件・国際案件の双方において、 高度の専門性と豊富な経験・実績を有する大規模法律事務所です。 常にクライアントの皆様の期待に応え、「選ばれる事務所」であり続けることを目指しています。


法改正・判例

NEXT STORY

【企業力分析】三菱自動車工業 切羽詰まってないのに燃費不正

【企業力分析】三菱自動車工業 切羽詰まってないのに燃費不正

2000年、04年の2度にわたる大規模なリコール隠し問題から復活を遂げ、今年また、燃費不正だ。コンプライアンス違反がもとで、存続の危機に陥り、最悪、他社のものになってしまう事例を、私たちは何度見送ればよいのか。経営状況や問題を分析した。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344