menu
Social media

法律・マネー

【M&Aインサイト】トップ・アップ・オプションの導入可能性

Cover 339ba895 d6c2 4adb bb43 b16233d3e319
※画像はイメージです

 米国においては、公開買付けと現金対価の合併によるキャッシュ・アウトを組み合わせたいわゆる二段階買収の手法により対象会社を買収する際に、対象会社から、買収者に対し、公開買付け後の買収者の議決権保有割合が(略式合併の要件である)90%に不足する場合に当該不足分の株式を取得することができるという、トップ・アップ・オプション(top-up option)と呼ばれる権利を事前に付与することが実務的に広く行われていました。

 わが国においては、従前、このトップ・アップ・オプションに注目が集まることは多くありませんでした。しかし、2015 年 5月から施行された改正会社法において設けられた株式等売渡請求の制度では、その利用要件として、買収者に総株主の議決権の90%以上という議決権保有要件が課されているため、わが国においても、二段階買収に際してトップ・アップ・オプションを用いることができないかという点に関心が高まっています。

 もっとも、トップ・アップ・オプションについては、90%以上という議決権保有要件の潜脱にならないか、株式・新株予約権の不公正発行に該当しないか、先行公開買付けに関して強圧性や買付価格の引き下げ効果を生じさせないか等、法律上の論点が複数存在するところです。わが国におけるトップ・アップ・オプションの導入に向け、これらの論点に関する今後の議論の進展に注目する必要があるといえます。

弁護士 大石 篤史
03-5223-7767
atsushi.oishi@mhmjapan.com

弁護士 徳田 安崇
03-6266-8934
yasutaka.tokuda@mhmjapan.com

文:森・濱田松本法律事務所 Client Alert 2015年11月号Vol.23より転載

森・濱田松本法律事務所

森・濱田松本法律事務所は、国内案件・国際案件の双方において、 高度の専門性と豊富な経験・実績を有する大規模法律事務所です。 常にクライアントの皆様の期待に応え、「選ばれる事務所」であり続けることを目指しています。


株式公開買付(TOB)

コメントする

コメントするには ログイン が必要です。

NEXT STORY

イタンジはなぜ「仲介手数料ゼロ」でも業界から嫌われないのか? イタンジ・伊藤嘉盛代表インタビュー(2:M&A前編)

イタンジはなぜ「仲介手数料ゼロ」でも業界から嫌われないのか? イタンジ・伊藤嘉盛代表インタビュー(2:M&A前編)

2015年8月のM&Aによって、ネット不動産仲介として断トツの地位を確立した「ノマド(nomad)https://nomad-a.jp/」は、無店舗、直接物件見学可、といった既存の仲介業の常識を覆すサービスを「仲介手数料ゼロ」というインパクトで提供している。ノマドを運営するイタンジの代表の伊藤嘉盛氏へのインタビュー、 今回はその統合の経緯を含め、M&Aで得たこと、失敗したこと、学んだことにつ...


注目の記事

Thumb fc758a30 9e49 4944 852f 5ed8848b7dbd

人事・総務のプロに聞く「M&Aにおける人事労務の留意点」その1

M&Aというと、買収価格等の条件面が注目されがちだが、「ヒト」の問題に関しても周到に準備しておかないと、労務トラブル等で思わぬコストが発生する、ということになりかねない。今回はM&Aを行う際の人事労務関係の留意点や制度統合などに関して、社会保険労務士法人三島事務所でM&Aに関する人事制度策定やコンサルを多数手掛けている林英臣マネージャーに伺った。

Thumb aab5828a 4508 4f87 9de8 fbb6c17f616d
Thumb 908a9947 090a 4a59 95da 01affa6e6c70
Thumb e1cc3fb2 2d9a 4362 945f ba6d406ee29f