法務・労務の記事一覧

事業再生スキームで使用される「第二会社方式」とは

事業再生スキームで使用される「第二会社方式」とは

経済的に窮状に陥った企業が生き残るには、経営を再建しなければなりません。今回は事業再生でよく使われる「第二会社方式」のスキームとメリットをご紹介します。

記事を読む
関西スーパーとH2Oの経営統合 最高裁「問題なし」と判断

関西スーパーとH2Oの経営統合 最高裁「問題なし」と判断

国内メディアによると、最高裁は14日、関西スーパーマーケットとエイチ・ツー・オー リテイリング子会社との経営統合に関して、統合手続きの差し止めを求めた食品スーパーのオーケー(神奈川県横浜市)の許可抗告を棄却する決定をした。

記事を読む
東証、日本版SPAC導入についての主な論点を公表

東証、日本版SPAC導入についての主な論点を公表

東京証券取引所は「SPAC制度の在り方等に関する研究会」を設置し、2021年10月より日本版SPACについて議論しています。11月24日開催の第3回研究会では、SPACの上場制度及びSPACスポンサーの在り方に関する主な論点が提示されました

記事を読む
【税務】国税庁、株式交付制度に係る通達の趣旨説明を公表

【税務】国税庁、株式交付制度に係る通達の趣旨説明を公表

国税庁は、株式交付制度に係る通達の趣旨説明を、法人税について本年7月21日、所得税について本年10月20日に、それぞれ公表しました。

記事を読む
【M&A判例】労組解散目的は不当解雇では「佐野第一交通事件」

【M&A判例】労組解散目的は不当解雇では「佐野第一交通事件」

親会社が子会社を解散させたとしても、子会社の従業員を引き継がねばならない法的義務はありません。今回ご紹介する事案は、ある会社が買収した子会社の労働組合員を解雇する目的で子会社を解散させ、その効果が争われた判例です。

記事を読む
中小企業庁、中小M&A実施後の経営統合に関する指針策定へ

中小企業庁、中小M&A実施後の経営統合に関する指針策定へ

中小企業庁は、2021年10月5日、既存の事業承継ガイドライン改訂検討会の下に新設した「中小PMIガイドライン(仮称)策定小委員会」の第1回会合を開催しました。

記事を読む
米助言会社ISSも支持へ、新生銀の買収防衛策発動で

米助言会社ISSも支持へ、新生銀の買収防衛策発動で

米議決権行使助言会社のISSが、新生銀行が今月の臨時株主総会で諮るSBIホールディングスに対する買収防衛策を支持したことが分かった。

記事を読む
新生銀の対SBI買収防衛策、米助言会社グラスルイスが支持

新生銀の対SBI買収防衛策、米助言会社グラスルイスが支持

11月5日、 米議決権行使助言会社グラスルイスが、新生銀行が今月の臨時株主総会で諮るSBIホールディングスに対する買収防衛策に賛成票を投じるよう株主に推奨したことが分かった。

記事を読む
フランス及びドイツの「ESGデューデリジェンス法」が事業に与える影響

フランス及びドイツの「ESGデューデリジェンス法」が事業に与える影響

欧州連合は、欧州及び世界で事業を行う幅広い企業に影響を与える可能性がある「人権デューデリジェンス法」の制定に向けた作業を行っています。

記事を読む
東京地裁が東京機械の買収防衛策認める、アジア開発は近く抗告へ

東京地裁が東京機械の買収防衛策認める、アジア開発は近く抗告へ

10月29日、複数の関係者によると、東京地裁は、東京機械製作所の買収防衛策の発動差し止めを求めたアジア開発キャピタルの仮処分申し立てを却下した。

記事を読む
異例の防衛策に司法判断へ、日本の買収ルール不備の声も

異例の防衛策に司法判断へ、日本の買収ルール不備の声も

東京機械製作所が発動を目指す強硬な買収防衛策は認められるのか。会社側の同意がないまま買収を仕掛けられるケースが相次ぐ中、東京地裁が今月末にも下す判断によっては、企業が防衛策を発動するハードルが下がる可能性がある。

記事を読む
スクイーズアウトを目的とする株式併合につき、株式平等原則の違反や著しく不公正な決議の該当性等が争点となった裁判例

スクイーズアウトを目的とする株式併合につき、株式平等原則の違反や著しく不公正な決議の該当性等が争点となった裁判例

札幌地裁は令和3年6月11日、少数株主の締め出し(スクイーズアウト)を目的とする株式の併合が株主平等原則に違反するかという争点につき、判断を下しました。

記事を読む
【M&A判例】村上ファンド事件から学ぶ「インサイダー取引」とは

【M&A判例】村上ファンド事件から学ぶ「インサイダー取引」とは

かつて村上世彰氏がインサイダー情報をもとにニッポン放送株を大量に取得し、証券取引法違反に問われた事件が発生しました(村上ファンド事件)。今回は「公開買付等を行うことについての決定」の意義について判断した最高裁の決定をご紹介します。

記事を読む
敵対的部分買付TOB問題再考 ~SBIホールディングス vs. 新生銀行~

敵対的部分買付TOB問題再考 ~SBIホールディングス vs. 新生銀行~

SBIホールディングス及びグループ企業(以下SBI)による新生銀行への株式公開買付(TOB)は、新生銀行が意見表明報告書で反対を表明したことで、銀行業では初めての敵対的TOBと定義づけられることになった。

記事を読む
「オーナーの視点から考える事業承継型M&Aの法務・税務戦略」|編集部おすすめの1冊

「オーナーの視点から考える事業承継型M&Aの法務・税務戦略」|編集部おすすめの1冊

「事業承継を検討している経営者が法務、税務の観点から最適解を発見できることを目的にまとめられたのが本書。同時に税理士や金融機関、コンサルティング会社の担当者らにも参考になるように仕上げてある。

記事を読む
中国の新しいデータセキュリティ法、外国当局へのあらゆるデータ域外移転を規制

中国の新しいデータセキュリティ法、外国当局へのあらゆるデータ域外移転を規制

中国データセキュリティ法(DSL)が2021年9月1日に施行され、中国当局の事前承認なしに、外国の司法機関や法執行機関へのあらゆるデータの移転を含む、中国国外へのデータ移転が規制されます。

記事を読む
買収防衛策の導入が話題に…その背景は

買収防衛策の導入が話題に…その背景は

最近また買収防衛策の導入が話題になっています。しかし、最近では、有事導入型又は特定標的型と呼ばれる買収防衛策の導入が一部の会社で現れて来ています。その背景には、敵対的買収が増えたことに関係があるようです。

記事を読む
アジア開発の「東京機械製作所」株買い占めはTOB違反ではないのか?

アジア開発の「東京機械製作所」株買い占めはTOB違反ではないのか?

アジア開発キャピタルとそのグループ会社が東京機械製作所の株式を買い占めていますが、TOBを実施しないで買い増しするのは、法律違反ではないのでしょうか。TOB実務に詳しい柴田堅太郎弁護士が疑問に答えます。

記事を読む
眞子さまと結婚間近の小室圭さんは「M&Aビジネス」に就職希望

眞子さまと結婚間近の小室圭さんは「M&Aビジネス」に就職希望

秋篠宮家の長女、眞子内親王が10月にも婚約者の小室圭氏と結婚、ニューヨークへ移住する見通しとなった。小室氏がニューヨークで法律事務所に就職するのを受けてと見られる。週刊朝日は小室氏がM&Aを手がける法律事務所への就職を希望していると伝えた。

記事を読む
SPAC設立者が注意すべきこと:発起人株式を標的とするSEC

SPAC設立者が注意すべきこと:発起人株式を標的とするSEC

米国証券取引委員会は、証券法違反について特別買収目的会社(SPAC)、そのCEO及びスポンサーのみならず、合併買収先企業に対しても訴追を行っており、その結果、多額の民事制裁金が課され、SPACのスポンサーの「発起人株式」が没収されています。

記事を読む
米FTC、フェイスブックを再提訴 独禁法違反で

米FTC、フェイスブックを再提訴 独禁法違反で

米連邦取引委員会(FTC)は19日、米フェイスブックを反トラスト法違反の疑いで再び提訴した。Facebookの市場独占を裏付ける資料を拡充し、傘下の写真共有アプリ大手「インスタグラム」やメッセージアプリ「ワッツアップ」の売却を改めて求めた。

記事を読む
東証、「公正なM&Aの在り方に関する指針」公表後2年目の開示状況を公表

東証、「公正なM&Aの在り方に関する指針」公表後2年目の開示状況を公表

東証は2021年7月2日、「公正なM&Aの在り方に関する指針(MBO指針)」を踏まえ、2020年7月1日から2021年6月30日までに公表されたMBO(13件)及び支配株主による従属会社の買収(24件)の開示状況を公表しました。

記事を読む
M&Aの新手法「株式交付」とは何ですか?

M&Aの新手法「株式交付」とは何ですか?

令和3年3月1日に施行された改正会社法で「株式交付」制度が創設されました。そこで今回はM&A実務に携わる会計士が企業再編の促進剤として期待される株式交付制度について、実例を交えて解説します。

記事を読む
欧州委員会、単一市場を歪める外国の補助金に対抗するための規則案を公表

欧州委員会、単一市場を歪める外国の補助金に対抗するための規則案を公表

2021年5月5日に発表された規則案における新制度の下で、欧州委員会は、EUの単一市場における外国政府の補助金による歪みに対抗すべく、新たに「企業結合の届出の義務化」、「公共調達」、「外国政府の補助金の職権審査」の措置が導入されます。

記事を読む
【M&A】個人情報保護委員会、M&Aを行う際の個人情報の利用に関して注意を呼びかけ

【M&A】個人情報保護委員会、M&Aを行う際の個人情報の利用に関して注意を呼びかけ

個人情報保護委員会は6月23日、事業者が合併や組織再編等を行うにあたり、対象事業のホームページ等に記載している個人情報の利用目的を確認しなかったため、正しく利用目的を通知・公表していない状態のまま個人情報を利用しているケースがあると注意喚起を促しました。

記事を読む