明光ネットワークジャパンは、大学入試のサンプル問題などを作成する古藤事務所(東京都千代田区。売上高4億500万円)の全株式を取得し会社化することを決議した。

古藤事務所は、大手予備校で教鞭をとってきた古藤晃氏が1984年に設立し、高校生向けの教材の開発のほか、大学入試問題の内容チェックやサンプル問題の作成を手がけている。明光ネットワークジャパンは現在本格的に進められている大学入試改革を戦後最大の教育改革と捉え、古藤事務所が有する入試問題作成ノウハウを活用し、教材の品質レベル向上を目指すとしている。

取得価額は非公表。取得予定日は2016年3月4日。