M&A速報

明光ネットワークジャパン<4668>、教育出版の古藤事務所を子会社化

2016/02/25

明光ネットワークジャパンは、大学入試のサンプル問題などを作成する古藤事務所(東京都千代田区。売上高4億500万円)の全株式を取得し会社化することを決議した。

古藤事務所は、大手予備校で教鞭をとってきた古藤晃氏が1984年に設立し、高校生向けの教材の開発のほか、大学入試問題の内容チェックやサンプル問題の作成を手がけている。明光ネットワークジャパンは現在本格的に進められている大学入試改革を戦後最大の教育改革と捉え、古藤事務所が有する入試問題作成ノウハウを活用し、教材の品質レベル向上を目指すとしている。

取得価額は非公表。取得予定日は2016年3月4日。

M&Aデータベース

関連の記事

大学入試本番だが、学習塾・予備校の業界再編のゴングも鳴る?…

大学入試本番だが、学習塾・予備校の業界再編のゴングも鳴る?…

2018/02/01

2月に入り、2018年大学入試がラッシュを迎える。4日の日曜まで連日200校以上で入試が行われる。ただ、入試会場の熱気とは裏腹に、学習塾・予備校にとっては再々編のゴングがいつ鳴ってもおかしくない状況なのだ。

【学研ホールディングス】出版社としてスタートし、教育分野で攻めのM&Aを展開

【学研ホールディングス】出版社としてスタートし、教育分野で攻めのM&Aを展開

2017/08/29

創業者である古岡秀人の「戦後の復興は教育をおいてほかにない」との強い信念のもと設立された学研ホールディングス。 「​教育」を基軸して、多岐にわたる出版事業を展開するほか、塾事業、教材・教具の制作・販え、保育園の運営や高齢者住宅、介護サービス等、医療福祉分野にも事業を展開している。学研社及び子会社45社、関連会社4社で構成された巨大な企業群は、今後どのような絵をM&Aにより描いていくのか。

【明光ネットワークジャパン】本業を軸にM&Aによって業容を拡大

【明光ネットワークジャパン】本業を軸にM&Aによって業容を拡大

2017/06/27

「YDK」でおなじみの明光ネットワークジャパン。個別指導塾の分野でトップランナーで、全国に2,012教室(2016年8月時点)を持ち、個別指導塾市場で10.6%のマーケットシェアを得ている。しかし教育業界は、少子高齢化により何もしなければ売上が右肩下がりになることは必至。2020年を目処に実施される学習指導要領の改訂や大学入試制度の改革等もあり、明光ネットワークジャパンはM&Aを通して生き残りを図る。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5