子会社売却の記事一覧

【1月M&Aサマリー】5年ぶりに件数減少|ブリヂストンの米子会社売却が金額突出

【1月M&Aサマリー】5年ぶりに件数減少|ブリヂストンの米子会社売却が金額突出

2021年1月のM&A件数(適時開示ベース)は前年同月を21件下回る53件となり、2016年以来5年ぶりに減少した。新型コロナウイルス感染拡大の第3波で年明けに緊急事態宣言が再度発令され、M&A取引にも影響が及んだ可能性がある。

記事を読む
上場企業による子会社・事業の売却が過去10年で最多に

上場企業による子会社・事業の売却が過去10年で最多に

上場企業が2020年に子会社や事業を売却すると発表した件数が、過去10年で最多となった。多くの案件で業績の悪化が背景にあり、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う景気低迷が要因の一つとなったことがうかがえる。

記事を読む
上場企業子会社の「解散」「清算」「売却」コロナ禍で増加

上場企業子会社の「解散」「清算」「売却」コロナ禍で増加

上場企業による子会社の解散、清算、売却が相次いでいる。新型コロナウイルス感染症拡大の第3波が押し寄せており、上場企業による子会社の解散、清算、売却は当面、高水準の状態が続きそうだ。

記事を読む
ソフトバンクグループが英アームを売却する本当の理由とは?

ソフトバンクグループが英アームを売却する本当の理由とは?

ソフトバンクグループが2016年に3.3兆円で買収した英アーム株を4.2兆円でエヌビディアに売却しました。売却理由として、巨額の有利子負債を削減する必要性あったことが挙げられますが、本当にそうでしょうか。ソフトバンクの本当の狙いとは?

記事を読む
「業務スーパー」の神戸物産、絶妙なタイミングで外食子会社を売却

「業務スーパー」の神戸物産、絶妙なタイミングで外食子会社を売却

「業務スーパー」を運営する神戸物産の2020年10月期第3四半期の売上高が前期比17.7%増の2593億6200万円、営業利益が28.9%増の186億7900万円と好調。4月1日という絶妙なタイミングで外食子会社を経営陣に売却していました。

記事を読む
ペッパーランチを85億円で投資ファンドに 売却の手続き終了

ペッパーランチを85億円で投資ファンドに 売却の手続き終了

「いきなり!ステーキ」などを展開する経営再建中のペッパーフードサービスは8月31日、連結子会社でペッパーランチ事業を手がける子会社(株)JPを投資ファンドに売却し、株式譲渡対価の85億円の支払いを受けたと発表した。

記事を読む
RVH、ミュゼほか子会社売却で連結売上高が大幅減少に

RVH、ミュゼほか子会社売却で連結売上高が大幅減少に

RVHの2021年3月期第1四半期(2020年4~6月)連結売上高は4億4900万円と、前年同期から約135億円の大幅な減収となった。4月にグループ売上高の大半を占めていた子会社のミュゼプラチナムと不二ビューティを売却していた。

記事を読む
巨額損失穴埋めの「売却」から脱却か 三井E&Sホールディングスの戦略は

巨額損失穴埋めの「売却」から脱却か 三井E&Sホールディングスの戦略は

三井E&Sホールディングスによる子会社や事業の売却が、2019年12月下旬から2020年6月中旬までのおよそ半年間で6件に達した。海外の大型石炭火力発電所土木建設工事によって発生した巨額損失を穴埋めするための取り組みだ。

記事を読む
イオンが3期連増赤字の子会社を売却 業績へのプラス効果は?

イオンが3期連増赤字の子会社を売却 業績へのプラス効果は?

イオンが結婚相手紹介サービスを手がける子会社のツヴァイを売却する。ツヴァイの売却がイオンの業績に与える影響は軽微だが、2021年2月期はツヴァイを皮切りに子会社売却が相次ぐ可能性もありそうだ。

記事を読む
ビアードパパを売却した投資ファンド「アント・キャピタル」とは

ビアードパパを売却した投資ファンド「アント・キャピタル」とは

2020年1月31日に投資ファンド「アント・キャピタル・パートナーズ」が、電車・バスなど交通機関向け電気機器などの開発などを行う交通電業社を買収しました。アント・キャピタルは国内外の中堅企業を投資対象とし、ハンズオン型の支援を行っています。

記事を読む
第一屋製パンが2期連増の最終赤字に 再建にM&Aも

第一屋製パンが2期連増の最終赤字に 再建にM&Aも

黒字転換を目指していた第一屋製パンの2019年12月期の当期損益が2期連続の赤字に陥ることになった。経常損益も黒字予想から2期連続の赤字に転落、営業利益は当初予想通り3期連続の赤字となる。

記事を読む
「パナソニック」はなぜ自動運転つながる技術を持つPUXを非子会社化したのか

「パナソニック」はなぜ自動運転つながる技術を持つPUXを非子会社化したのか

パナソニックは音声や画像の処理技術を持つ子会社のPUX(大阪市)株式の20.8%をモルフォに譲渡した。 パナソニックは支配権を失い、PUXはパナソニック、任天堂、モルフォの3社による運営となる。

記事を読む
撤退戦略としてのM&A

撤退戦略としてのM&A

今回のテーマは撤退戦略です。撤退はこれまで日本企業にとって、最も苦手な意思決定の一つと言われてきました。撤退型M&Aのポイントをいくつかあげたいと思います。

記事を読む
【M&Aサマリー4月】7カ月連続で増加、国内案件で1年ぶりに「1000億円」出現

【M&Aサマリー4月】7カ月連続で増加、国内案件で1年ぶりに「1000億円」出現

東証「適時開示」ベースで、2019年4月のM&Aは前年同月比16件増の67件と、昨年10月以降7カ月連続で前年を上回った。前月(3月)比では15件減った。海外M&Aが23件と全体の3分の1を占め、なかでも売却案件が中国を中心に9件に上った。

記事を読む
ソフトバンク、米携帯子会社スプリント売却遅れの「皮肉な理由」

ソフトバンク、米携帯子会社スプリント売却遅れの「皮肉な理由」

とっくに決着がついたはずのソフトバンクグループ子会社・米携帯大手スプリントのTモバイルUSへの売却に暗雲が立ちこめている。米司法省と米連邦通信委員会による合併承認が遅れているからだ。ソフトバンクグループの経営にも影響を与えかねない事態だ。

記事を読む
​ワタミが売りから買いに転換 M&A戦略に変化

​ワタミが売りから買いに転換 M&A戦略に変化

ワタミのM&A戦略に変化が現れてきた。この3年間で4件の子会社売却を実施したワタミが、2019年2月18日に飲食店事業の香港合弁会社を完全子会社化する。

記事を読む
RIZAP 「ジャパンゲートウェイ」を売却、事業構造改革の第一弾

RIZAP 「ジャパンゲートウェイ」を売却、事業構造改革の第一弾

RIZAPグループが事業構造改革に動き出した。ヘアケア・ボディケア用品の販売子会社ジャパンゲートウェイ(東京)を売却すると発表した。19年3月期に赤字転落するのに伴い、M&Aの凍結を決定。85社に膨らんだ傘下企業の整理が急務になっている。

記事を読む
2019年M&A戦線は波乱含みか? 買収撤回・延期すでに3件

2019年M&A戦線は波乱含みか? 買収撤回・延期すでに3件

M&Aの中止や延期がここへきて相次いでいる。東証の「適時開示」ベースで調べたところ、1月だけで買収中止が2件、延期が1件あった(24日現在)。2018年は年間を通じてM&A中止は3件(うち1件売却)に過ぎず、年明け以降の突出ぶりが目立つ。

記事を読む
【2018年M&Aランキング】「100億円」超は前年より15件減る

【2018年M&Aランキング】「100億円」超は前年より15件減る

2018年のM&Aは「適時開示」ベースで、前年を25件上回る781件と3年連続で増加した。1000億円超の大型案件は20件と前年比6件増えたが、100億円超では60件と前年を15件下回った。2018年M&Aの金額ランキングをまとめた。

記事を読む
【2018年M&A】件数トップは10件の「ソフィアHD」 調剤薬局に照準

【2018年M&A】件数トップは10件の「ソフィアHD」 調剤薬局に照準

東証の「適時開示」ベースで、2018年の企業別のM&A(企業・事業の買収または売却)件数ランキングを12月28日時点でまとめたところ、10件を手がけたソフィアホールディングスが最多だった。10件中、買収は9件で、いずれも調剤薬局が対象。

記事を読む
2018年注目の「M&A」をピックアップ

2018年注目の「M&A」をピックアップ

2018年も日本企業による大型M&Aは活発に推移した。金額の大きさだけでなく、何かと注目を集めた案件をピックアップする。

記事を読む
今年唯一、アラブ首長国連邦企業とM&Aを行った「ポーラ・オルビス」とは

今年唯一、アラブ首長国連邦企業とM&Aを行った「ポーラ・オルビス」とは

化粧品業界4位のポーラ・オルビスホールディングスは医薬品子会社のポーラファルマ(東京都品川区)をアラブ首長国連邦の商社サンファーマグローバルに​マイナス1億円​で​売却する。

記事を読む
携帯電話事業に参入する「楽天」に250億円もの利益をもたらすオーネットとは?

携帯電話事業に参入する「楽天」に250億円もの利益をもたらすオーネットとは?

楽天は結婚相手紹介サービスを手がける子会社のオーネット(東京都世田谷区)をポラリス・キャピタル・グループ(東京都千代田区)に売却する。楽天はこの取引で250億円もの売却益が懐に入る。

記事を読む
東芝の原発子会社処理は「不正会計」ではないー久保惠一氏に聞く

東芝の原発子会社処理は「不正会計」ではないー久保惠一氏に聞く

東芝が紆余曲折の果てに半導体子会社を売却して3カ月が過ぎた。「虎の子」と呼ばれた東芝メモリを売却せざるを得なくなったのが、原子力事業を手がけていた子会社の米ウェスチングハウスの経営破綻に伴う巨額の損失だった。その会計処理には問題が多かった。

記事を読む
【M&Aサマリー】2018年上期の買収は283件、海外M&Aは47件

【M&Aサマリー】2018年上期の買収は283件、海外M&Aは47件

東証の「適時開示」ベースで、2018年上期の買収件数は283件。このうち日本企業による海外M&Aは47件。ただ、上期中2番目の大型案件である富士フイルムHDによる米ゼロックスの子会社化はゼロックス側大株主の反対などで事実上頓挫を来している。

記事を読む