どちらが適切なのか?M&Aの片手取引と両手取引

alt

M&Aにおける両手取引のメリット・デメリット

M&Aアドバイザーの両手取引のメリットとしては、売り手と買い手双方の状況を把握しており、妥当な着地点を見出しやすいという点が挙げられます。また、双方から報酬を得つつ、買い手間の駆け引きなどに翻弄されずに業務を遂行することができるというメリットもあります。

その反面、リピーター顧客である買い手の意向が重視されたり、売り手の利益の最大化より取引の成立が優先されたりする可能性も考えられます。

取引を「まとめる」ことに重点をおくため、後継者不在の事業承継型M&Aなど「第三者への譲渡」を前提としている場合などに適している形態といえます。中小企業のM&Aでは両手取引も一般的です。

取引形態 メリット デメリット
片手取引 ・自社の専属であり、弱みも含め相談しやすい。・売り手の場合でも、M&Aアドバイザーが取引価格の最大化を目指すモチベ―ションがある。 ・売り手と買い手の主張が平行線をたどり、交渉が長期化したり、決裂したりする可能性がある。
両手取引 ・売り手と買い手双方の状況を把握しており、妥当な着地点を見出しやすい。・双方から報酬を得ながら、買い手間の駆け引きなどに翻弄されずに業務を遂行することができる。 ・リピーター顧客である買い手の意向が重視される可能性がある。・売り手の利益の最大化より取引の成立が優先される可能性がある。

片手取引と両手取引では、いずれの形態にもメリット・デメリットがあります。したがって、どちらかが一概に良いあるいは悪いという訳ではありません。

私利私欲だけで行動しているM&Aアドバイザーはまれであり、大多数のM&Aアドバイザーはいかにシナジーを生み出し、売り手と買い手の双方にとって幸せな取引になるかを念頭にディールの成立に尽力しているといえます。

片手取引か両手取引かという基準だけではなく、取引実績や専門知識、ネットワークなどが豊富で、最適なマッチングを生み出せるM&Aアドバイザーを選ぶことが重要といえるでしょう。

文:M&A Online編集部

この記事で解決出来ましたか?
M&A Onlineは、M&Aに関する疑問や悩みに無料でお答えします。
相談員がお答えできない場合もございます。予めご了承ください。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

【質問】M&Aにはどのような人が関わるのでしょうか。またそれぞれの役目を教えてください。

【質問】M&Aにはどのような人が関わるのでしょうか。またそれぞれの役目を教えてください。

2015/07/21

当事者以外も多くの関係者が関わり、さまざまな立場を調整しながら取り組むM&Aのプレーヤー達とは?