分割の支払いは信用できますか?

将来への不安は極力、排除すべきである

M&Aは買い手の立場としては、投資のリスクが少なからず伴いますので、分割払いなど支出を先送りにする要望が出ることもあります。

具体的な方法としては、譲渡代金の一部である退職金を一定の引継ぎ期間(通常数ヶ月から1年程度)の後に支払う方法や、株式を初回70%、2回目30%というように、段階的に取得する方法などがあります。

これらの方法は、時期や金額などの支払条件をきちんと定めれば、契約上の不安はありません。

しかし、売り手としては、一度M&Aの契約を結んだら、もう元には戻れません。引継ぎ期間後の退職金など合理的な理由がある場合を除き、支払いは極力、契約時点に一括で行い、将来の不安を残さないように交渉するのがベストです。

分割払いは慎重に・・・

事業には波があるものです。たとえ契約書の記載どおりに分割払いが実行されたとしても、その時の事業環境が悪化していれば、買い手は嫌味のひとつでも言いたくなるでしょう。

そうなればお互いにわだかまりが残り、後味のわるい結果になってしまいます。

ここに注意!

最初に過半数以上の株式を譲渡してから、後で残りを譲渡する形は将来の買収価額をきちんと決めておかないと、後々のトラブルになります。

文:M&A Online編集部