menu
Social media

法律・マネー

【中小企業のM&A】分割の支払いは信用できますか?

Cover 164502e5 4d13 44bb 9371 71a991448021

分割の支払いは信用できますか?

将来への不安は極力、排除すべきである

M&Aは買い手の立場としては、投資のリスクが少なからず伴いますので、分割払いなど支出を先送りにする要望が出ることもあります。

具体的な方法としては、譲渡代金の一部である退職金を一定の引継ぎ期間(通常数ヶ月から1年程度)の後に支払う方法や、株式を初回70%、2回目30%というように、段階的に取得する方法などがあります。

これらの方法は、時期や金額などの支払条件をきちんと定めれば、契約上の不安はありません。

しかし、売り手としては、一度M&Aの契約を結んだら、もう元には戻れません。引継ぎ期間後の退職金など合理的な理由がある場合を除き、支払いは極力、契約時点に一括で行い、将来の不安を残さないように交渉するのがベストです。

分割払いは慎重に・・・

事業には波があるものです。たとえ契約書の記載どおりに分割払いが実行されたとしても、その時の事業環境が悪化していれば、買い手は嫌味のひとつでも言いたくなるでしょう。

そうなればお互いにわだかまりが残り、後味のわるい結果になってしまいます。

ここに注意!

最初に過半数以上の株式を譲渡してから、後で残りを譲渡する形は将来の買収価額をきちんと決めておかないと、後々のトラブルになります。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


M&A基措知識

NEXT STORY

【中小企業のM&A】節税対策は会社を売却するときにどう評価されるのか

【中小企業のM&A】節税対策は会社を売却するときにどう評価されるのか

節税対策をするときと、M&Aで第三者に会社を売却(譲渡)するときでは、同じ会社でも評価方法が異なります。節税対策をしている会社を売却するときには、どう評価されるのでしょうか


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 856a8cb3 bfab 4046 a298 284e67090c4c