【経営者向け】

自分の会社を知り合いに譲渡したいのですが

ー知り合いはあくまでもM&Aの候補先のひとつ

「自分の会社をどこに譲ればよいか・・・」

非常に難しい問題ですが、知り合いに会社売却の打診をする際は、慎重に行うことをおすすめします。知り合いの会社とは信頼関係が構築されているので、心理的な抵抗感は少ないかもしれません。しかし見ず知らずの関係なら条件などの交渉や交渉過程に生じる不平不満も気にせずにいえますが、知り合いであるがゆえにお互い変な遠慮が生じ、結果的に話がスムーズにいかないケースもあります。

また、売却話が順調に進めばよいですが、交渉が頓挫してしまった場合、せっかく築き上げた信頼関係にもひびが入ってしまうことも考えられます。

知り合いの会社はあくまでもM&A候補先のひとつと考え、他の候補先と合わせて戦略的にアプローチしていくことが得策といえるでしょう。

知り合いの会社に売却の打診をする場合

メリット・相談者が意思決定権者の場合、直接アプローチできる
・自社の強みなどを理解してもらいやすい
デメリット・相談者がオーナー経営者もしくは意思決定権者でなかった場合、話が止まる場合がある
・自分の意思をきちんと伝えないことが多い
・悪い面を伝えにくい
交渉の注意点・譲渡の理由を明確にする
・条件面(価額、役員の待遇、従業員の雇用、取引先との関係)に目安をつけておく
・自社を説明する資料(会社案内、製品カタログ、決算書など)を用意しておく

ワンポイント「第三者に間に入ってもらう」

知り合いの会社にアプローチする場合は、自ら直接交渉するより、M&A仲介機関などの第三者のプロに間に入ってもらった方が、おたがい遺恨を残すことなく、話を進めることができるでしょう。

文:M&A Online編集部