どちらが適切なのか?M&Aの片手取引と両手取引

alt

不動産仲介の片手取引と両手取引

なお、片手取引(片手仲介)および両手取引(両手仲介)という言葉は不動産仲介の世界でも使われています。不動産の仲介は、法的には不動産の売買や賃貸を「媒介」するものといえます。「媒介」というのは、他人間における契約などの法律行為の成立に向けて尽力する事実上の行為を指します。

つまり、「代理」は本人の代わりに契約を締結して契約の効力を生じさせるものですが、「媒介」は本人同士が契約を締結できるようにサポートすることを意味します。したがって、不動産取引における両手仲介も双方代理とはならず、法律上は問題ないということです。

用語 意味
法律行為 当事者の意思表示の内容どおりの法律効果を発生させること。契約などが典型的な法律行為。
代理 本人以外の者が本人のために意思表示を行うことによって、その法律行為の効果を直接に本人に帰属させること。
媒介 他人間における契約などの法律行為の成立に向けて尽力する事実上の行為。

M&Aにおける片手取引のメリット・デメリット

M&Aアドバイザーの片手取引のメリットとしては、やはり自社の味方として、すべてをさらけ出しても安心できる点が挙げられます。特に、売り手のM&Aアドバイザーは取引価格が高値になる方が成功報酬も高額になるため、売り手の利害と一致するというメリットもあります。

その反面、売り手と買い手の主張が平行線をたどり、交渉が長期化したり、決裂したりする可能性もあります。

大規模なM&Aでは双方の企業に専属のM&Aアドバイザーがつく片手取引が主流となります。

NEXT STORY

【質問】M&Aにはどのような人が関わるのでしょうか。またそれぞれの役目を教えてください。

【質問】M&Aにはどのような人が関わるのでしょうか。またそれぞれの役目を教えてください。

2015/07/21

当事者以外も多くの関係者が関わり、さまざまな立場を調整しながら取り組むM&Aのプレーヤー達とは?