どちらが適切なのか?M&Aの片手取引と両手取引

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt

不動産仲介の片手取引と両手取引

なお、片手取引(片手仲介)および両手取引(両手仲介)という言葉は不動産仲介の世界でも使われています。不動産の仲介は、法的には不動産の売買や賃貸を「媒介」するものといえます。「媒介」というのは、他人間における契約などの法律行為の成立に向けて尽力する事実上の行為を指します。

つまり、「代理」は本人の代わりに契約を締結して契約の効力を生じさせるものですが、「媒介」は本人同士が契約を締結できるようにサポートすることを意味します...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5