menu
Social media

ビジネス

【中小企業のM&A】M&A仲介機関の選び方

Cover 4bee1ec8 3807 4d61 9868 5e6918faa63e

M&A仲介機関の選び方

信頼できる仲介機関を選ぶことが成功への第一歩

近年では、高まるM&Aニーズに応えるため、金融機関でもM&A支援業務に力を入れるところが増えてきました。大きく分類すると、大企業や上場企業向けのM&Aアドバイザリー業務を行う会社と、中堅・中小企業向けにM&A仲介業務を行う会社があります。

上場企業同士のM&Aを行う場合は、当事者双方がM&Aアドバイザーを雇い、M&Aを推進するケースが多いのですが、中堅・中小企業の場合は、M&A仲介会社が当事者の間に入り調整役という形でM&Aを仲介するケースが一般的です。

中堅・中小企業向けのM&A仲介を行っているところには、「銀行・信用金庫、証券会社、M&A仲介会社」などがあります。会社の規模サイズや業界・業種など、それぞれ得手不得手がありますので、自社の相談相手にふさわしい機関を見つけることが、M&Aを成功させるための第一歩です。

まずはホームページなどで下調べをした上で、信頼できそうな会社を選び、実際に会ってみましょう。仲介機関によって案件の情報量やネットワーク、アドバイザーのスキルなどはまちまちなので、よく話しを聞いて、中小企業のM&Aの経験や実績を有しているか、信頼できそうかといった点をしっかりとチェックしましょう。担当者との相性も重要なチェックポイントといえます。

ただし、あまり多くの仲介会社と相談するのは、秘密保持の観点からもオススメできません。

M&A仲介機関を利用するメリット

・M&Aを効率よく進めることができる
・秘密保持を維持しつつ、秘密裏に話を進めることができる
・適正な金額で会社を譲渡することができる
・買収候補先企業を広く募ることができる
・経営者個人に対するアドバイスが得られる

ポイント「仲介機関によって大きな開きが」

M&Aはどこに頼むかによって得られる結果がまったく違います。

手数料から成約の可能性まで、天地の差があります。手数料については、各社が定めている手数料体系をよく確認しましょう。安ければ良いというものでもありませんし、高いから成約率が高まるというものでもありません。そして自社のM&A(売却)を任せられるかどうか、事前相談の際によく見極めましょう。事前相談は「無料」という機関がほとんどです。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


中小企業

NEXT STORY

【M&A相談所】御社を買収したい!といわれたら?

【M&A相談所】御社を買収したい!といわれたら?

魅力的な中小企業であれば、他の企業から直接「御社を買収したい」という提案を受けることもあります。このような提案を受けた場合は、どうしたらよいでしょうか。


注目の記事

Thumb 19292e88 9d26 4acb 8847 a1a104266bdc

次はどこが買収されるのか。リチウムイオン電池の業界地図が様変わり?

充電式の電池(二次電池)をめぐり、事業買収や設備投資の動きが活発化してきた。スマートフォンやパソコンなどの携帯機器向けに需要が急拡大しているためだ。村田製作所<6981>がソニー<6758>の電池事業を2017年9月に買収したほかTDK<6762>が2018年からの3年間で1000億円を投じて、設備を増強する。

Thumb 2840b080 2a86 46f0 8e79 38653b8dc555
Thumb ad4bc512 bad0 437f b6fe d32a13aeaec2
Thumb aab5828a 4508 4f87 9de8 fbb6c17f616d