menu
Social media

ビジネス

【中小企業のM&A】M&A仲介機関の選び方

Cover 4bee1ec8 3807 4d61 9868 5e6918faa63e

M&A仲介機関の選び方

信頼できる仲介機関を選ぶことが成功への第一歩

近年では、高まるM&Aニーズに応えるため、金融機関でもM&A支援業務に力を入れるところが増えてきました。大きく分類すると、大企業や上場企業向けのM&Aアドバイザリー業務を行う会社と、中堅・中小企業向けにM&A仲介業務を行う会社があります。

上場企業同士のM&Aを行う場合は、当事者双方がM&Aアドバイザーを雇い、M&Aを推進するケースが多いのですが、中堅・中小企業の場合は、M&A仲介会社が当事者の間に入り調整役という形でM&Aを仲介するケースが一般的です。

中堅・中小企業向けのM&A仲介を行っているところには、「銀行・信用金庫、証券会社、M&A仲介会社」などがあります。会社の規模サイズや業界・業種など、それぞれ得手不得手がありますので、自社の相談相手にふさわしい機関を見つけることが、M&Aを成功させるための第一歩です。

まずはホームページなどで下調べをした上で、信頼できそうな会社を選び、実際に会ってみましょう。仲介機関によって案件の情報量やネットワーク、アドバイザーのスキルなどはまちまちなので、よく話しを聞いて、中小企業のM&Aの経験や実績を有しているか、信頼できそうかといった点をしっかりとチェックしましょう。担当者との相性も重要なチェックポイントといえます。

ただし、あまり多くの仲介会社と相談するのは、秘密保持の観点からもオススメできません。

M&A仲介機関を利用するメリット

・M&Aを効率よく進めることができる
・秘密保持を維持しつつ、秘密裏に話を進めることができる
・適正な金額で会社を譲渡することができる
・買収候補先企業を広く募ることができる
・経営者個人に対するアドバイスが得られる

ポイント「仲介機関によって大きな開きが」

M&Aはどこに頼むかによって得られる結果がまったく違います。

手数料から成約の可能性まで、天地の差があります。手数料については、各社が定めている手数料体系をよく確認しましょう。安ければ良いというものでもありませんし、高いから成約率が高まるというものでもありません。そして自社のM&A(売却)を任せられるかどうか、事前相談の際によく見極めましょう。事前相談は「無料」という機関がほとんどです。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


中小企業

NEXT STORY

【M&Aだけではない! 西堀流会社継続学】多様化すべき中小企業の事業継続支援(1)

【M&Aだけではない! 西堀流会社継続学】多様化すべき中小企業の事業継続支援(1)

長く新規上場企業向けの情報サイト「東京IPO」の編集長を務め、IPOを目指す企業の支援や助言を行ってきた日本ビジネスイノベーション代表取締役の西堀敬氏に、現在のIPOの状況と、中小企業にとっての事業継続について聞いた。


注目の記事

Thumb fc758a30 9e49 4944 852f 5ed8848b7dbd

人事・総務のプロに聞く「M&Aにおける人事労務の留意点」その1

M&Aというと、買収価格等の条件面が注目されがちだが、「ヒト」の問題に関しても周到に準備しておかないと、労務トラブル等で思わぬコストが発生する、ということになりかねない。今回はM&Aを行う際の人事労務関係の留意点や制度統合などに関して、社会保険労務士法人三島事務所でM&Aに関する人事制度策定やコンサルを多数手掛けている林英臣マネージャーに伺った。

Thumb aab5828a 4508 4f87 9de8 fbb6c17f616d
Thumb 908a9947 090a 4a59 95da 01affa6e6c70
Thumb e1cc3fb2 2d9a 4362 945f ba6d406ee29f