2018年 買収金額100億円超の案件ランキング

適時開示ベース。太字は8月発表分)

1 武田薬品、アイルランド製薬大手シャイアーを子会社化(6.8兆円)
2 富士フイルムHD、米ゼロックスを子会社化(6710億円)
3 大陽日酸、米産業ガス大手、プラスエアの欧州事業を買収(6438億円)
4 JT、ロシアのたばこ4位ドンスコイを子会社化(1900億円)
5 JT、バングラデシュの2位のたばこ事業を買収(1645億円)
6 第一生命HD、米リバティライフの既存保険契約を買収(1400億円)
7 リクルートHD、求人情報サービスの米グラスドアを子会社化(1285億円)
8 東レ、オランダの炭素繊維メーカーのテンカーテを子会社化(1230億円)
9 伊藤忠商事、ユニー・ファミマHDをTOBで子会社化(1200億円)
10 日本電産、冷蔵庫部品メーカーの米エンブラコを子会社化(1175億円)
11 富士フイルムHD、細胞培養用培地の日米2社をJXTGから取得(852億円)
12 旭化成、自動車用内装材メーカーの米セージを買収(791億円)
13 東京センチュリー、神鋼不動産を子会社化(697億円)
14 新日鉄住金、山陽特殊製鋼を子会社化(672億円)
15 第一生命HD、豪生保サンコープライフを子会社化(526億円)
16 三井物産、豪石油ガス資源会社AWEを子会社化(512億円)
17 楽天、朝日火災海上保険を子会社化(449億円)
18 住友重機工業、産業用モーターの伊ラファートを子会社化(219億円)
FUJI、半導体製造装置メーカーのファスフォードテクノロジを子会社化(219億円)
20 オープンハウス、住宅分譲のホーク・ワンを子会社化(200億円)
21 日本通運、イタリアのアパレル物流会社トラコンフを子会社化(190億円)
22 コシダカHD、女性向けフィットネスの米カーブスを子会社化(185億円)
23 マクセルHD、家電機器の泉精器製作所を日本政策投資銀行と共同で子会社化(182億円)
24 SBSホールディングス、リコー傘下のリコーロジスティクスを子会社化(180億円)
25 CCCグループ、「カメラのキタムラ」展開のキタムラをTOBで子会社化(180億円)
26東武鉄道、東武ストアをTOBで子会社化(176億円)
27日医工、後発薬のエルメッドエーザイを子会社化(170億円)
28三精テクノロジーズ、オランダの遊戯機械大手Vekomaを子会社化(166億円)
29ネクソン、モバイルゲーム開発の韓国ネット・ゲームズを子会社化(147億円)
30トピー工業、自動車部品のATCホールディングスを子会社化(144億円)
31合同製鉄、電炉中堅の朝日工業をTOBで子会社化(126億円)
32アマダHD、プレス機械用材料供給装置大手のオリイメックを子会社化(125億円)
33Jトラスト、カンボジアの銀行ANZ ROYAL BANKを子会社化(114億円)

文:M&A Online編集部