税務の記事一覧

「租税弁護士が教える事業承継の法務と税務」|編集部おすすめの1冊

「租税弁護士が教える事業承継の法務と税務」|編集部おすすめの1冊

中小企業の事業承継の場面で「法務と税務のコラボレーション」が今ほど求められる時代はないという。高齢を迎えた多くの中小企業経営者にとって事業承継は差し迫った問題だ。法務と税務の双方に精通した「租税弁護士」(タックス・ロイヤー)が事例解説する。

記事を読む
【税務】東京地裁、適格現物出資の対象外となる国内資産か否かが争われた事案で、納税者勝訴の判決

【税務】東京地裁、適格現物出資の対象外となる国内資産か否かが争われた事案で、納税者勝訴の判決

東京地裁は2020年3月11日、日本の製薬会社が英国子会社に対して行った現物出資の適格性の判断を巡る事案で、納税者勝訴の判決を下しました。

記事を読む
【M&A】オープンイノベーション促進税制の創設

【M&A】オープンイノベーション促進税制の創設

「オープンイノベーション促進税制」は、大企業等による、イノベーションの担い手となるスタートアップへの新たな資金供給の促進を政策目的として創設された制度であり、2020年4月1日から2022年3月31日までの間に行われた出資に適用される。

記事を読む
【税務】東京地裁、組織再編に伴うグループ借入に係る支払利子の損金算入が争われた事案において、納税者勝訴の判決

【税務】東京地裁、組織再編に伴うグループ借入に係る支払利子の損金算入が争われた事案において、納税者勝訴の判決

東京地裁は令和元年6月27日、グループ内組織再編等に伴って納税者に生じた借入債務に係る支払利息について、同族会社の行為計算否認規定に基づき損金算入を否定した事案において、課税庁がした更正処分等を取り消しました。

記事を読む
東南アジアに進出したい日本企業が気をつけるべき会計視点

東南アジアに進出したい日本企業が気をつけるべき会計視点

多くの国内企業が東南アジアへ進出しています。現在、ASEAN諸国で活動している熊谷恵佑公認会計士に東南アジアにおける日系企業の現状の会計への取り組み方、そして新たに気をつけるべき会計視点について解説してもらいました。

記事を読む
【適格合併】従業者引継要件の判定(名古屋国税局への照会事例)

【適格合併】従業者引継要件の判定(名古屋国税局への照会事例)

共同事業を営むための適格合併の要件の一つである従業者引継要件に関し、名古屋国税局への照会結果が公表されていますので、ご紹介いたします。

記事を読む
設例で学ぶオーナー系企業の事業承継・M&Aにおける法務と税務

設例で学ぶオーナー系企業の事業承継・M&Aにおける法務と税務

森・濱田松本法律事務所=MHM税理士事務所​は、事業承継やM&Aの実務書「​設例で学ぶオーナー系企業の事業承継・M&Aにおける法務と税務」を発行した。

記事を読む
弁護士が税務調査において争点となる項目を取引の観点からまとめた書籍を発行

弁護士が税務調査において争点となる項目を取引の観点からまとめた書籍を発行

​森・濱田松本法律事務所の小山浩弁護士が税務調査において争点となる項目を取引の観点からまとめた書籍「取引の実態からみる税務調査のポイントQ&A」を発刊した。

記事を読む
【税務】EBITDAを基準とする支払利子の損金算入制限の導入について

【税務】EBITDAを基準とする支払利子の損金算入制限の導入について

すべての日本企業を適用対象として、EBITDAを基準とする支払利子の損金算入制限を、来年の税制改正で導入することが現在検討されています。

記事を読む
M&Aで増える申告漏れ どう対処すべきか 小山浩弁護士に聞く

M&Aで増える申告漏れ どう対処すべきか 小山浩弁護士に聞く

M&Aや国際取引に関して国税当局から巨額の申告漏れを指摘(否認事案)されるケースが増えている。企業はどのうに対処すればよいのか。森・濱田松本法律事務所の小山浩弁護士に対策を聞いた。

記事を読む
【M&Aと税務】株式譲渡契約上の価格調整条項に関する裁決例​

【M&Aと税務】株式譲渡契約上の価格調整条項に関する裁決例​

国税不服審判所は、2017年2月2日、株式譲渡契約上いわゆる価格調整条項が設けられている場合の収入時期について重要な判断を行いました。本件は個人の所得税に関する事案ですが、法人税の文脈においても重要な意味を持っと考えられます。

記事を読む
【中小企業・事業承継】事業承継税制の注意点

【中小企業・事業承継】事業承継税制の注意点

中小企業の経営や事業承継に活用したい、さまざまな手法をビジネス・ブレインの畑中孝介税理士が解説。今回は事業承継税制の注意点をお届けします。

記事を読む
【中小企業・事業承継】属人株式の活用実例

【中小企業・事業承継】属人株式の活用実例

中小企業の経営や事業承継に活用したい、さまざまな手法をビジネス・ブレインの畑中孝介税理士が解説。今回は属人株式の活用実例を紹介します。

記事を読む
メリット大「特例事業承継税制の創設」「事業承継補助金」

メリット大「特例事業承継税制の創設」「事業承継補助金」

平成30年税制改正で創設された「特例事業承継税制」のメリットについて、ビジネス・ブレインの畑中孝介税理士が解説します。さらに4月下旬に募集が開始された「事業承継補助金」についても紹介。

記事を読む
【平成30年度税制改正】M&Aの登録免許税・不動産取得税の減税

【平成30年度税制改正】M&Aの登録免許税・不動産取得税の減税

平成30年度税制改正で注目すべき、不動産取得税・登録免許税の大幅減税について、ビジネス・ブレインの畑中孝介税理士が解説します。

記事を読む
【中小企業・事業承継】無議決権株式と属人株式の活用 その2

【中小企業・事業承継】無議決権株式と属人株式の活用 その2

中小企業の経営や事業承継に活用したい、さまざまな手法を紹介。今回は属人株式の活用法を解説します。

記事を読む
「仮想通貨」の税と会計

「仮想通貨」の税と会計

世界中で急速に普及し出した仮想通貨。日本でも多くの人が「億り人」となった。ところが、日本では法整備が追いついていない。そこで現時点で、税務・会計上仮想通貨がどのように取り扱われるようになっているのか、まとめてみた。

記事を読む
【中小企業・事業承継】無議決権株式と属人株式の活用 その1

【中小企業・事業承継】無議決権株式と属人株式の活用 その1

中小企業の経営や事業承継に活用したい、さまざまな手法を紹介。今回は「無議決権株式」と「属人株」の概要を解説します。

記事を読む
「税制改正」中小企業経営にプラス M&Aに発展も 2018年度(平成30年度)版

「税制改正」中小企業経営にプラス M&Aに発展も 2018年度(平成30年度)版

2018年度(平成30年度)の税制改正では、中小企業経営にとってプラスとなる制度がいくつかある。これら制度を活用して業績が好転すれば、その後の事業展開の一つとしてM&Aなども浮上してくるはず。主な三つの制度を紹介する。

記事を読む
【中小企業・事業承継】平成30年税制改正・事業承継大改正!

【中小企業・事業承継】平成30年税制改正・事業承継大改正!

平成30年の税制改正で事業承継税制が大幅に緩和されました。5年~10年以内の計画策定が必要となりますが、中小企業にとっては大きなインパクトがある内容です。事業承継税制を活用すべき、改正ポイントをまとめました。

記事を読む
「税法がビジネスよりも上位にある」という誤解

「税法がビジネスよりも上位にある」という誤解

税法で定められていることと他の分野のことで取り扱いが異なるようなことがあります。一例をあげると民法と税法がごっちゃになり、どちらか一方を妄信してしまうと「ミスリード」に繋がってしまいます。

記事を読む
事業承継後の株価下落に減税措置 2018年度(平成30年度)税制改正で

事業承継後の株価下落に減税措置 2018年度(平成30年度)税制改正で

事業承継後に株価が下落した場合に、贈与税や相続税の税負担が軽減される見通しとなった。 2018年度(平成30年度)の税制改正で​実施されるもので、経営環境の変化による将来不安を軽減するのが狙い。

記事を読む
M&A減税を実施 2018年度の税制改正で

M&A減税を実施 2018年度の税制改正で

2018年度からM&Aによる事業承継(再編や統合)に関して、登録免許税と不動産取得税が軽減される見通し。2018年度の税制改正で実施されるもので、2019年度末まで適用される。経営力向上計画(仮称)に認定されるのが条件。

記事を読む
「赤字と黒字を合算できる!連結納税の魅力」しっかり学ぶM&A基礎講座(5)

「赤字と黒字を合算できる!連結納税の魅力」しっかり学ぶM&A基礎講座(5)

​グループ会社内に赤字会社と黒字会社があり、グループ全体としては利益が出ていないというケースはよく見られると思います。もし、グループの損益を相殺できれば、法人税を抑えられますよね? このような申告を可能にするのが「連結納税」の制度です。今回は、わかりやすく連結納税の概要とその魅力を紹介したいと思います。

記事を読む
【中小企業・事業承継】平成30年度税制改正速報!

【中小企業・事業承継】平成30年度税制改正速報!

平成30年度の税制改正で中小企業・事業承継に関連する要点をまとめてみました。大幅な改正はなく 昨年に続き薄い改正となりましたが、一方で事業承継税制が大幅に緩和されています。

記事を読む