menu
Social media

法律・マネー

【M&Aと税務】スクイーズアウトの税務上の取扱いが大きく変わります

Cover d907be9d 27a9 4b22 b778 af007a53ea45
※画像はイメージです

 上場会社を非公開化するM&A取引では、通常、TOB株式公開買付け)により株式の大半を取得し、その後、100%化のため、株式売渡請求、株式併合、全部取得条項付種類株式の取得等によりTOBに応募しなかった少数株主に株式と引換えに金銭を交付します(いわゆるスクイーズアウト)。このスクイーズアウトに関し、本年3月に成立予定の平成29年度税制改正では以下の3点の重要な改正が予定されています。

(1)従来のスクイーズアウト手法について適格要件の判定が必要に
これまでは、株式売渡請求、株式併合、全部取得条項付種類株式の取得を用いたスクイーズアウトによって対象会社(上場会社)に課税を生じることはありませんでした。しかし、今回の改正により、それらのスクイーズアウト手法が組織再編税制の一環と位置付けられ、新たに定められる適格要件を充足しなければ対象会社に時価評価課税が生じることとなります。適格要件としては、①対価交付要件、②支配関係要件、③従業員引継要件、④事業継続要件の4つをすべて満たす必要があります(もっとも、多くのケースではこれらの要件を満たすことが可能と考えられます。)。

(2)合併株式交換を用いたスクイーズアウトが可能に
これまでは合併対価として金銭を交付すると税務上合併が非適格となるため、実務上、合併スクイーズアウトの手法としてあまり用いられていませんでした。しかし、今回の改正により、合併法人(買収者)が被合併法人(対象会社)の発行済株式の3分の2以上を有する場合、少数株主合併対価として金銭を交付しても適格性が否定されないこととなります(株式交換についても同様の改正が行われます。)。これにより、合併·株式交換スクイーズアウトの手法として用いることが実務的に可能となります。

(3)連結納税を実施している企業がスクイーズアウトを行うことが容易に
これまでは連結納税を実施する企業がスクイーズアウトにより対象会社を100%子会社化した場合、原則として対象会社に時価評価課税が生じるとされ、また、対象会社が有していた税務上の繰越欠損金を連結納税に持ち込むこともできませんでした。しかし、今回の改正により、上記(1)の適格要件を満たしたスクイーズアウトにより100%化された対象会社については、時価評価課税は生じないこととされ、また、繰越欠損金についても連結納税への持込みが可能となります(連結納税開始時についても同種の措置が講じられます。)。

法改正・判例

NEXT STORY

【コナミHD】「パワプロ」ヒットの背景にM&A ハドソンと融合でスマホゲーム拡充

【コナミHD】「パワプロ」ヒットの背景にM&A ハドソンと融合でスマホゲーム拡充

コナミホールディングスは既存事業の強化と組織再編にM&Aを活用している。ハドソンとのM&Aを通じて、スマートフォン向けゲーム開発を強化したことが、「実況パワフルプロ野球」などの人気タイトルの創出につながった。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333