ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

ピザを食うドーナツ「赤字転落」のダスキンが宅配事業を買収

alt
写真はイメージです

新規事業、M&Aに前向き

ダスキンは1963年の設立後、化学ぞうきんの販売で事業を拡大し、1971年にミスタードーナツ事業を始めたほか、1976年に化粧品販売事業を、1977年に害虫駆除などの環境衛生管理事業を手がけるなど新規事業を次々に立ち上げてきた。

M&Aについても前向きで、2010年に化粧品メーカーのアザレプロダクツ、共和化粧品工業の両社を子会社化したのに続き、2012年にアイスクリームや菓子類のOEM(相手先ブランド生産)を手がける蜂屋乳業を子会社化。

さらに2014年に企業向けユニフォームの製造、販売を手がける中外産業を子会社化し、2017年にはマレーシアのドーナツチェーンBig Apple Worldwide Holdings Sdn. Bhd.を子会社化するなど、順調に業容を拡大してきた。

今回買収したピザ宅配事業は過去の新規事業やM&Aと並ぶような、ポストコロナ時代の収益源に成長することができるだろうか。

1963 サニクリーンを設立
1964 ダスキンに社名を変更
1964 化学ぞうきん「ホームダスキン」の全国発売を開始
1971 ミスタードーナツ事業を開始
1976 化粧品販売事業(現ヘルス&ビューティ事業)を開始
1977 害虫駆除などの環境衛生管理事業(現ターミニックス事業)を開始
1978 家庭用品の総合レンタル事業(現レントオール事業)を開始
1978 ユニフォームレンタル事業(現ユニフォームサービス事業)を開始
1999 かつアンドかつ事業を開始
1999 ケータリング事業(現ドリンクサービス事業)を開始
2000 ホームインステッド事業(現ダスキン ライフケア事業)を開始
2006 東京証券取引所、大阪証券取引所の各市場第1部に上場
2010 化粧品メーカーのアザレプロダクツ、共和化粧品工業の両社を子会社化
2012 アイスクリームや菓子類のOEM(相手先ブランド生産)を手がける蜂屋乳業を子会社化
2013 ベーカリーファクトリー事業を開始
2014 企業向けユニフォームの製造、販売を手がける中外産業を子会社化
2016 宅配ビザ事業のストロベリーコーンズと業務提携し、同社の「ナポリの窯」商品を販売
2017 マレーシアのドーナツチェーンBig Apple Worldwide Holdings Sdn. Bhd.を子会社化
2020 ストロベリーコーンズの宅配ピザ事業を譲受

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

食べるM&A 日本のドーナツ市場は“ドーナッ”てるの?

食べるM&A 日本のドーナツ市場は“ドーナッ”てるの?

2017/06/02

毎年6月の第一金曜日が「ドーナツの日」であることにちなみ、日本のドーナツ市場について調べてみました。ドーナツが日本に普及したころから今までシェアトップを誇るミスタードーナツ。このまま一人勝ちの独走状態を続けていけるのでしょうか。