M&A速報

フジオフードシステム<2752>、ダスキン<4665>傘下でどんぶり専門店を運営する「どん」を子会社化

2016/12/01

フジオフードシステムは、ダスキン傘下で海鮮丼を中心としたどんぶり専門店「ザ・どん」を運営する、どん(大阪府吹田市)の全株式を取得し子会社化したと発表した。「まいどおおきに食堂」などの飲食店を展開するフジオフードシステムは、どんを傘下に取り込むことで購買や物流面での相乗効果を見込んでいる。また、これまで培ってきたメニュー提案や販促企画のノウハウを「ザ・どん」などに投入し、一層の成長を目指す。

どんはどんぶり専門店のほか、おひつご飯の店「四季五感」など現在30店舗(直営3店舗、プランチャイズ27店舗)を展開する。取得価額は非公表。取得日は2016年11月30日。

関連の記事

【ダスキン】好調な業績を背景にM&A強化へ

【ダスキン】好調な業績を背景にM&A強化へ

2021/11/11

ダスキンの業績が好調に推移している。同社は2022年3月期の業績予想を、2021年8月と10月に2度上方修正した。この好調な業績を背景に、次期中期経営計画でM&A強化を打ち出す可能性が高そうだ。

上場企業によるM&A、相次ぐ「破談」|150億円買収の白紙撤回も

上場企業によるM&A、相次ぐ「破談」|150億円買収の白紙撤回も

2021/10/18

上場企業が関与するM&A案件の破談がここへきて目立つ。8月から3カ月連続で各1件発生しており、なかには買収金額150億円の大型案件が白紙に戻ったケースも含まれる。いったん合意しながら破談した案件は今年に入って6件を数える。

エドウィン・セコム・ヤクルト…「カタカナ」社名の由来は?

エドウィン・セコム・ヤクルト…「カタカナ」社名の由来は?

2021/07/18

企業の社名では「カタカナ」が幅を利かせるようになって久しい。社名そのものが有力ブランドになっているケースは少なくないが、その意味や由来については意外と知られていない。業歴50年以上のカタカナ企業にスポットをあてる。

「ダスキン」宅配ピザ破談の理由は?

「ダスキン」宅配ピザ破談の理由は?

2021/04/09

ダスキンは宅配ピザ事業の取得を中止する。ミスタードーナツに次ぐフード事業の柱に育成することを目指し、2020年11月に取得を終える予定だった。宅配ピザ事業の取得が破談になった背景には何があるのだろうか。

ピザを食うドーナツ「赤字転落」のダスキンが宅配事業を買収

ピザを食うドーナツ「赤字転落」のダスキンが宅配事業を買収

2020/06/13

2021年3月期に赤字に転落するダスキンは、いちごホールディングスと同社子会社のストロベリーコーンズが展開する宅配ピザ事業を譲り受け、食品の宅配事業に乗り出す。宅配ピザは業績回復に貢献できるのか。

ファミレスの「ロイヤル」が最高額 外食業界の2019年のM&A

ファミレスの「ロイヤル」が最高額 外食業界の2019年のM&A

2019/12/20

2019年(2019年1月1日-12月19日)の外食・フードサービス業界のM&Aは29件となり、2008年の26件を上回り2008年以降の12年間で最多となった。

沖縄ステーキが身近に フジオフードが全国展開

沖縄ステーキが身近に フジオフードが全国展開

2019/03/07

「まいどおおきに食堂」や「神楽食堂 串家物語」などを展開するフジオフードシステムが、沖縄のステーキレストラン「サムズ」を傘下に収めた。東京や大阪などでもアメリカスタイルの沖縄ステーキを味える日は近そうだ。

食べるM&A 日本のドーナツ市場は“ドーナッ”てるの?

食べるM&A 日本のドーナツ市場は“ドーナッ”てるの?

2017/06/02

毎年6月の第一金曜日が「ドーナツの日」であることにちなみ、日本のドーナツ市場について調べてみました。ドーナツが日本に普及したころから今までシェアトップを誇るミスタードーナツ。このまま一人勝ちの独走状態を続けていけるのでしょうか。

関連のM&A速報

M&A速報検索

クリア