M&A速報

キトー<6409>、オランダ関連会社のヴァン・ルースデンを子会社化

2019/04/02

キトーは欧州子会社を通じて、オランダの関連会社ヴァン・ルースデン(売上高5億5900万円)の株式37.5%を追加取得し、持ち株比率を75%に引き上げて子会社化した。

ヴァン・ルースデンは手動チェーンホイストを中心とした巻上機やトロリー、各種クレーンについて、海洋での使用に対応した防錆仕様や、引火の危険がある現場での使用を想定した防爆仕様などの技術に強みを持ち、欧州で実績を積んでいる。キトーが主力市場とする日本、北米向けにヴァン・ルースデン製品を加えることで事業拡大につなげる。

取得価額は非公表。取得日は2019年4月2日。

M&Aデータベース

関連の記事

アフリカ企業のM&A 2016年以降わずか4件「アフリカ開発会議」が転機となるか

アフリカ企業のM&A 2016年以降わずか4件「アフリカ開発会議」が転機となるか

2019/08/19

第7回アフリカ開発会議が2019年8月28日から30日まで横浜市のパシフィコ横浜で開催される。この3年半のアフリカ企業とのM&Aはわずか4件。第7回アフリカ開発会議でアフリカ企業への関心を高めることができるか。

【ダイフク】20件目のM&Aはすぐ目の前?

【ダイフク】20件目のM&Aはすぐ目の前?

2017/11/28

友好的M&Aに限る。相手企業の人を大切にする―。物流機器メーカーのダイフク<6383>はこの方針に沿って2000年以降、企業や事業の買収を活発化してきた。2004年に自動倉庫事業を譲り受けたキトー<6409>を皮切りに2014年にニュージーランドの空港手荷物機器メーカーBCS Group Limitedまで19件の買収などを実施。いずれも事業の拡大につなげてきた。現在、高水準の受注が続いており、2018年3月期は売上高、利益とも過去最高を更新する見込みのため生産能力増強が不可欠な状況。ここ3年ほどは無風状態だが、今後は生産拠点拡充を目的とした買収が実現する可能性が高そうだ。