キトーは現地子会社を通じて、チェーンと関連製品を製造するイタリアのWeissenfels Tech Chains S.r.l.(タルヴィージオ)から全事業を取得したと発表した。Weissenfelsは2014年5月より、破産手続きの過程でイタリアのウディネ地方裁判所の管理下にある。同社の直近売上高は約11億円(推定)。

Weissenfelsはチェーン製品の生産において500年にわたる歴史がある老舗。キトーは2016年1月、取得に先立ち完全子会社のKito Chain Italia S.r.l.を設立。今後は、同子会社を通じて、Weissenfelsが手がけていた欧州事業を立て直すとともに、グループの関連製品ラインアップの拡充と拡販を図る。

取得価額は8億4500万円。取得日は2016年2月1日。