M&A速報

ダイフク<6383>、ニュージーランドの空港手荷物搬送システムメーカー事業会社を子会社化

2014/10/30

(株)ダイフクは、空港手荷物及び小荷物配送センターの仕分け搬送システムの製造、販売、サービスを行うBCS Group Limited(ニュージーランド、連結売上高123億円(138,837千ニュージーランドドル)、連結営業利益5億4500万円(6,133千ニュージーランドドル)、連結純資産13億3000万円(14,956千ニュージーランドドル)、1ニュージーランドドル88.97円で換算、以下「BCS社」)の発行済み株式の80%を取得し子会社化することについて決議し、株式売買契約を締結した。

BCS社は、オセアニアにおける空港向けの手荷物搬送(ABH)事業分野の売上高トップ企業で、世界の大手航空会社や空港を顧客に持ち、LCC等で発展著しい東南アジア市場に事業を拡大している。BCS社の子会社化により、これまでダイフクグループの実績が少なく、かつ空港建設需要の増大が見込まれるアジア市場での顧客獲得が期待でき、また、同社の営業力・ソフト開発力をダイフクのグループ会社へ融合することにより、グローバルレベルでABH事業の拡大、競合他社との差異化を図るとしている。加えて、BCS社は宅配便の配送センター向けの自動仕分け機のインテグレーションにも事業を拡大しているため、ダイフクグループのFA&DA事業とのシナジー効果創出に努めるとしている。

株式譲渡価額は非公表。

株式取得完了予定日は2014年12月。

M&Aデータベース

関連の記事

【企業力分析】ダイフク リーマンショックからのV字回復を財務分析で評価する

【企業力分析】ダイフク リーマンショックからのV字回復を財務分析で評価する

2017/11/30

今回は、物流システム、立体式の自動倉庫のメーカーダイフクを取り上げました。ご存知ない方が多いと思いますが、リーマンショックからのV字回復が緩やかと、特徴的な会社です。

【ダイフク】20件目のM&Aはすぐ目の前?

【ダイフク】20件目のM&Aはすぐ目の前?

2017/11/28

友好的M&Aに限る。相手企業の人を大切にする―。物流機器メーカーのダイフク<6383>はこの方針に沿って2000年以降、企業や事業の買収を活発化してきた。2004年に自動倉庫事業を譲り受けたキトー<6409>を皮切りに2014年にニュージーランドの空港手荷物機器メーカーBCS Group Limitedまで19件の買収などを実施。いずれも事業の拡大につなげてきた。現在、高水準の受注が続いており、2018年3月期は売上高、利益とも過去最高を更新する見込みのため生産能力増強が不可欠な状況。ここ3年ほどは無風状態だが、今後は生産拠点拡充を目的とした買収が実現する可能性が高そうだ。

M&A速報検索

クリア