ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

復活近づくコインチェック 将来はIPOも

alt
コインチェックが入る東京・渋谷のビル

再建よりも成長

この発言は金融庁が求めている改善をより進んだ形で実現することを意味している。当初は2カ月ほどでサービスの全面再開を目指していたコインチェックの再建は、現時点では遅れてはいるものの、松本大社長の発言からは、再建よりも成長を感じとることができる。

4月6日の会見で発言するマネックスグループの松本大社長(NHKニュースより)

さらに、松本大社長は「今回の事件のあと、金融庁ともコミュニケーションを取る中で、しっかりとした内部管理体制を作らなければならないという社会的な要請を感じた」としており、金融庁の意向も十分理解していることを明らかにしている。

コインチェックが今後どのような動きを見せるのか。目が離せない。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

仮想通貨取引所「Zaif」運営のテックビューロが減資へ

仮想通貨取引所「Zaif」運営のテックビューロが減資へ

2018/05/13

仮想通貨取引所「Zaif」を運営するテックビューロが資本金を13億8,308万2,000円から1億円に減資、本店の登記変更を行っていたことがわかった。同社には今年3月、金融庁が業務改善命令を出している。

関連のM&Aニュース