M&A速報

タカラトミー<7867>、現地子会社を通じて米玩具メーカーFat Brain Holdingsを買収

2020/10/19

タカラトミーは同社子会社の米TOMY International, Inc.(トミー・インターナショナル、アイオワ州)を通じて、米Fat Brain Holdings, LLC(ファット・ブレイン、ネブラスカ州。連結売上高43億3000万円、連結営業利益△1000万円、連結純資産20億9000万円)を16日に買収したと発表した。

ファット・ブレインが持つ玩具商品群と同社のD2C(Direct to Consumer=メーカーが自社で企画・生産した商品を自社ECサイトで直接消費者に販売する)プラットフォームを活用すると同時に、玩具市場規模が大きい北米でタカラトミーの存在感を引き上げるのが狙い。

ファット・ブレインは玩具・ゲーム小売業のFat Brain Toys, LLCと玩具製造・卸売業の Fat Brain Toy Co., LLCの2社を傘下に持つ持ち株会社。取得価額は4100万ドル(約43億3700万円、ほかにアドバイザリー費用約4300万円)。

M&Aデータベース

関連の記事

マック&シルバニアファミリーだけじゃない!コロナ禍の外食救う「キャラクターコラボ」

マック&シルバニアファミリーだけじゃない!コロナ禍の外食救う「キャラクターコラボ」

2021/04/21

「キャラクターが外食産業を救う」-新型コロナウイルス感染症の第4波で、追い詰められている外食産業。その苦境を救うと期待されているのがキャラクター。日本マクドナルドはエポック社とのコラボでハッピーセット「シルバニアファミリー」の提供を始めた。

【当世・外国人社長事情】三菱ケミカルで初めて誕生、市光工業は3代連続

【当世・外国人社長事情】三菱ケミカルで初めて誕生、市光工業は3代連続

2021/04/14

三菱ケミカルホールディングスで初の外国人社長が4月1日に誕生した。外国人社長には日本的慣行や社内のしがらみにとらわれない大胆な経営改革の実行、グローバル感覚などへの期待が大きいが、その数はほんの一握り。当世・外国人社長事情を垣間見るとー。

【タカラトミー】「成長軌道に復帰」M&Aのつまずきを乗り越える

【タカラトミー】「成長軌道に復帰」M&Aのつまずきを乗り越える

2018/04/19

タカラトミーが成長軌道に復帰しつつある。米国事業での構造改革費用がかさみ、過去5年で3度の最終赤字に陥ったが、2018年3月期は2年連続で最終黒字を見込む。タカラトミーが合併で発足して早12年、長いトンネルを抜け、攻めの経営へ視界が開けてきた。

玩具業界の動向から、クリスマスプレゼントの傾向と対策を読み解いてみた

玩具業界の動向から、クリスマスプレゼントの傾向と対策を読み解いてみた

2017/12/24

総務省統計局の家計調査によれば、クリスマスイブに支出が多くなるものの一つが「玩具」。そこで今回は、玩具業界にスポットを当てつつ、2017年のクリスマスプレゼントの傾向と対策を考えてみた。

リカちゃん、バービー、ジェニーの大人な関係

リカちゃん、バービー、ジェニーの大人な関係

2017/05/28

今年で誕生50周年を迎えるリカちゃん。着せ替え人形の日本代表ともいえる存在だが、その歴史において、バービー、ジェニーというライバルたちが常にいた。実は彼女たちの裏にはライセンス契約に関連した複雑な事情があるという。そこで今回、この3人を巡る“大人な関係”を紐解いてみた。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5