ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【三洋貿易】M&A宣言から5年、10社を傘下に|連結売上1000億円が目前

alt
三洋貿易の本社(東京・神田錦町)

海外M&Aへの本格参戦の可能性も

2018年こそ一服感があったものの、継続的にM&Aを実施するスタンスは変わりはない。

2019年5月には、工業用耐食ポンプメーカーの新東洋機械工業(埼玉県越谷市)を子会社化した。新東洋機械はゴムライニング、テフロンライニング、チタン、ニッケル材料に特化した耐食ポンプを手がけ、とくにゴムライニング製ポンプは世界でもトップシェアという。

三洋貿易は機械資材部門の新商材として海外で拡販するとともに、グループの三洋古江サイエンス(さいたま市)が手がけるマイクロポンプ事業との相乗効果を期待している。

同年10月には機能性飼料原料・飼料添加物を輸入販売するワイピーテック(東京都千代田区)を子会社化。化成品部門の一つである畜産事業との相乗効果を見込む。ワイピーテックの直近売上高は約28億円。買収金額は非公表だが、三洋貿易が取り組んできたM&Aでは最も企業規模が大きい。

同社は収益基盤の強化に向けて、事業領域の深化、新規ビジネスの開拓、グローバル展開の加速、新規投資案件の発掘を重点施策とするが、いずれもM&Aがポイントとなる。

海外拠点は米国、メキシコ、中国、東南アジア各地、インドに広がる。しかし、欧州についてはデュッセルドルフ駐在員事務所(ドイツ)の1カ所にとどまる。今後の見どころとして、欧州を含めた海外M&Aに本格参戦するのかどうかに注目が集まりそうだ。

三洋貿易本社(東京都千代田区)

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

【2018年10月M&Aサマリー】買収69件、8月に次ぐ今年2番目の高水準

【2018年10月M&Aサマリー】買収69件、8月に次ぐ今年2番目の高水準

2018/11/06

東証「適時開示」ベースで、2018年10月の買収件数は69件と、8月(72件)に次ぐ今年2番目の高水準。最大案件は三菱UFJ信託銀行による豪資産運用会社の買収。J&Jは化粧品ブランド「ドクターシーラボ」のシーズ・ホールディングスを傘下に収める。