【ホシザキ】インド・アフリカ市場での高成長に賭けるM&A戦略

alt

ホシザキ<6465>は業務用厨房機器大手で、「ペンギンマーク」で知られる。冷凍冷蔵庫、食洗機は国内首位、製氷機では世界シェア約3割を占めるという。M&Aにも積極的で、同社の経営戦略を大きく左右する。そのカギは海外での事業拡大だ。

海外展開の「時間を買う」M&A

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックで、日本を含む世界中の飲食業界は大変な苦境に追い込まれた。2020年12月期は連結売上高が前期比17.9%減の2383億1400万円、連結営業利益が同43.5%減の184億4700円と大幅に落ち込んだ。

しかし、2021年12月期には連結売上高が同15.2%増の2744億1900万円、連結営業利益が同35.1%増の249億3100万円と回復した。しかし、コロナ前の水準には届かない。そこで同社が目をつけたのが海外市場だ。

もともと同社は海外進出に積極的だった。国内では押しも押されもせぬ業界最大手だが、足場の日本市場は少子高齢化で外食産業の伸び悩みが予想される。そこで同社は海外事業を迅速に拡充するためM&Aを選択した。いわゆる「時間を買う」M&Aだ。

連結売上高 (対前期比) 連結営業利益 (対前期比)
2017年12月期 2,822.15億円 360.65億円
2018年12月期 2,927.74億円    3.7% 364.46億円     1.1%
2019年12月期 2,901.36億円   -0.9% 326.64億円  -10.4%
2020年12月期 2,383.14億円  -17.9% 184.47億円  -43.5%
2021年12月期 2,744.19億円   15.2% 249.31億円   35.1%

NEXT STORY

アマゾンが買収したサブスク医療サービス「ワンメディカル」とは

アマゾンが買収したサブスク医療サービス「ワンメディカル」とは

2022/07/27

アマゾンが医療サブスクリプションサービスを提供するワン・メディカルを約39億ドルで買収すると発表した。1株当たりの取得価格は18ドルで、76.8%のプレミアム。今回のM&Aは医療事業の強化が狙いだが、このワン・メディカルはどんな会社なのか?