ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【百十四銀行】国立銀行と伝統産業が礎に|ご当地銀行の合従連衡史

alt
東京・日本橋にある百十四銀行東京支店

“腰の強さ”で140年超、M&Aコンサルも始動

1948年に現行名となって以降、百十四銀行はいわば、うどんのような腰の強さで、金融の荒波を乗り切ってきた。高松百十四銀行時代は1929年の世界恐慌を乗り越え、1945年の高松空襲では本店が被災するも焼失を免れた。

最近では2002年に四国貯蓄信用組合事業を譲り受け、2007年に「Chance地銀共同化システム」に参加した。2016年、四国創生に向けて包括連携(四国アライアンス)を四国の地銀4行で締結した。そして2018年に創業140周年を迎えた。

2007年に稼動したChance地銀共同化システムとは、もともと三菱UFJ銀行の基幹システムをベースとして生まれた地方銀行の共同化システム。百十四銀行は稼働当初から加盟し、最近では2020年2月に同システムを活用したM&A業務広域プラットフォームの構築を発表している。

M&A業務広域プラットフォームとは加盟各行の取引先企業のM&Aニーズを登録したデータベースのこと。取引企業からM&Aに関する相談を受けると、このプラットフォームを活用して他の地銀とマッチング候補企業について情報交換を行い、紹介先を選定する。

より広域でのマッチング・情報交換が可能になり、銀行のコンサルティング業務に果たす役割も大きい。地銀もいまや金融業務だけでは先行きが厳しい。金融の枠を超えたコンサルティング業務への進出を模索している。

文・M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

【北國銀行】北陸金融界の激震を礎に|ご当地銀行の合従連衡史

【北國銀行】北陸金融界の激震を礎に|ご当地銀行の合従連衡史

2021/03/09

北國銀行は1943年の創業以来、自行が率先して行ったM&Aがほとんどなく、あえてM&Aの実績を挙げるとすれば1944年に石川貯蓄銀行を買収したことくらいだ。ただし、2003年に破綻した石川銀行の分割営業譲渡では、地元金融界に激震が走った。