【武蔵野銀行】アプレ地銀の次の一手|ご当地銀行の合従連衡史

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt
県民重視と首都圏への浸透の両面を実現できるか(武蔵野銀行東京支店)

日本各地の「地銀」のルーツをたどってみよう。そのM&A=合従連衡の歴史をひも解けば、銀行や金融経済の成り立ちはもちろん、日本の伝統産業、商業の集積の移り変わり、各都道府県内にある市町村の歴史の“格”の変遷なども見えてくる。“ご当地銀行”の合従連衡史の23回目は、埼玉県である。

金融自由化のなかで多業態に進出

1945年の終戦まで、国は戦費の調達面から銀行を集約する一県一行主義をとっていた。その政策が1949年には改変され、以後5年ほどの間に12にのぼる地方銀行が誕生した...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5