日本各地の「地銀」のルーツをたどってみよう。そのM&A=合従連衡の歴史をひも解けば、銀行や金融経済の成り立ちはもちろん、日本の伝統産業、商業の集積の移り変わり、各都道府県内にある市町村の歴史の“格”の変遷なども見えてくる。“ご当地銀行”の合従連衡史の18回目は、山口県。

第百十国立銀行から百十銀行、山口銀行へ

自己資本比率は16%を超え、各種の銀行ランキング調査においても健全性の高さが際立つ山口銀行。その源流は1878年に創立した第百十国立銀行である。創立当初の本店は山口県の県庁所在地である山口市にあった。現在でも同様だが山口市は人口・世帯数などについて県内トップの座を下関市に譲り、県内第2の都市に甘んじている。第百十国立銀行は、その2番手の街に本店を置く金融機関だった。

第百十国立銀行は営業開始の2年後、本店を現在の下関市に移したが、明治初期に設立された国立銀行の営業年限である20年の間、目立ったM&Aはなく、1898年に百十銀行に名称を変更した。その後、百十銀行は1918年に小郡銀行を合併し、1923年には三田尻塩田銀行、小野田銀行、平生銀行を合併する。翌1924年には、福川銀行を合併、1928年には萩銀行、防長銀行を合併し、1944年には長周銀行を買収した。確実・着実に地場の金融機関を次々に呑み込みながら、地域金融の覇権を拡大していった。

山口銀行と名称を変えたのは1944年のこと。宇部銀行、大島銀行、華浦銀行、船城銀行と百十銀行との5行合併により新立した銀行としてのスタートだった。第百十国立銀行と百十銀行を通じた60余年、また1944年に合併した他の4行を振り返ってみても、大規模なM&Aはほとんどない。いわば業界の優等生らしく純粋培養されて規模を拡大してきたといってよいだろう。