高知県のご当地銀行の筆頭は、高知市に本社を置く四国銀行<8387>である。ご多分に漏れず、明治初期に全国で設立が進んだ国立銀行がその源流で、1878年10月に創立された第三十七国立銀行に端を発する。

第三十七国立銀行は、香川県丸亀に創立してのちに高知に本拠を移した第百二十七国立銀行を1896年に合併した直後、国立銀行の営業年限である20年を迎え、1897年に高知銀行(現在の高知銀行とは別の組織)に改称した。

四国金融界をリードする気概

高知銀行は1919年に土佐貯蓄銀行を合併し、1923年に土佐銀行を合併した。着々と地元に根づいた金融活動を展開するなか、土佐銀行の合併にあわせて行名を改称する。それが四国銀行である。

地理的に見れば、北に石鎚山・剣山と急峻で懐が深い四国山脈が連なり、南に太平洋の大海原が広がる高知県。首都圏・関西圏の企業は四国において徳島・香川・愛媛の3県にはそれぞれ支店・営業所などの拠点を置いても、高知県だけは大阪支店が担当する(実際、かつて高知自動車道ができるまでは徳島・香川・愛媛の3県から高知県に行くのも不便で、むしろ大阪をはじめ関西圏から飛行機で行くほうが楽だった)……。

そのような四国のなかでも独立性・独自色の強い県だった。その高知県を代表する銀行の名称が四国銀行となれば、地元から四国山脈を越え、高知県のみならず四国を代表する地銀となる気概も強かったのではないだろうか。

徳島にあった関西銀行と合併

四国銀行は、1923年の改称当初から、積極的に他県、特に徳島県への営業強化を図っていった。その端緒が関西銀行の合併である。

関西銀行という名称から大阪に本店を置く銀行と思われるかもしれないが、四国銀行が合併したのは本店を徳島に置く銀行である。もともと、関西銀行は善通寺貯蓄銀行という行名で、地元の貯蓄銀行として営業展開していた。そして1913年に関西貯蓄銀行に改称した。さらに1921年に関西銀行に改称し、1924年には地元の明正銀行を買収、徳島県内での営業強化を図ってきた。その過程で1926年に四国銀行と合併したのである。

四国銀行は関西銀行の本店を同行徳島支店とし、徳島県内の21店舗などの業務を受け継いだ。そうした背景もあり、四国銀行は現在も徳島県内に20を超える有人店舗を擁している。徳島県内では阿波銀行、徳島大正銀行に次ぐ営業基盤を持つ。

関西銀行を合併して以降の四国銀行のM&Aは下表のとおり。他地域の有力地銀と比べ、目立ったM&Aはない。むしろ、“地元・高知色”を強めるように、県内の金融機関をM&Aし地盤を固めていった。

〇四国銀行が行ったM&A

金融機関名スキーム
高陽銀行1930年合併
土予銀行1944年買収
土佐貯蓄銀行1945年合併
高知信用組合1950年買収