ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

アップルが「業務用」モバイル決済モビーウェイブを買収した理由

alt

BtoBサービス提供に弾み

キャッシュレス化が進み、これまでは現金商売だった小規模な小売店や外食店でもクレジットカード決済が求められるようになってきた。かつては高価な専用端末を備えた店舗でなければ利用できなかったが、日本でもSquareやAirペイといった安価なカードリーダーの普及で利用できる店舗が急増している。

モビーウェイブのサービスはスマホ内蔵のNFCリーダーを利用するため、安価なカードリーダーすら不要。スマホにアプリをダウンロードするだけ。クレジットカード決済の敷居が一段と低くなりそうだ。同社はすでに韓国のサムスン電子と「サムスンPOS」で提携。カナダ国内で実施したパイロットテストでは、1万を超える店舗や中小企業で利用されたという。

モビーウェイブのMaxime de Nanclas共同創設者は「世界には推定で2500万社の零細企業と約550万社の中小企業がある。その多くは簡単にアクセスできる手頃な価格の決済サービスがないために、ビジネスの成長が阻害されている」と指摘しており、こうした事業者向けの決済サービスを開発してきた。

今後はアップル傘下で決済サービスの開発と提供を進める。引き続き本社を置くモントリオールで開発に当たるなど、運営体制に大きな変更はない。アップルがiPhone単独で利用できるBtoBサービスを手に入れたことで、これまでは手薄だった法人需要の取り込みが加速しそうだ。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

スマホ世界一のファーウェイ、「中華ガラパゴス」の懸念が急浮上

スマホ世界一のファーウェイ、「中華ガラパゴス」の懸念が急浮上

2020-08-04

中国ファーウェイ(華為技術)の2020年第2四半期(4-6月)のスマートフォン販売台数が世界一になった。半面「弱点」も浮き彫りになっている。それは自国(中国)市場依存度の高さだ。かつて日本のガラケーが歩んだ道を、同社も歩もうとしているのか?