WDIが承継した老舗すき焼き店「ちんや」が3月に再オープン

alt

収益の安定化を狙ってマンションを取得

WDIは大幅な事業の見直しを迫られます。2021年3月の取締役会にて味都特亞洲餐飲管理の解散を決議。これによって総額7,200万円の特別損失を計上しました。事実上、中国からの撤退となります。また、国内のウェディング事業を手掛けるWDI JAPAN(港区)への貸付金17億円の債権放棄も決定しました。

WDIは2021年8月に市ヶ谷のマンション「パークアクシス市谷加賀町」を21億2,000万円、同じ年の10月に千駄木の「SENDAGI RESIDENCE」を13億7,000万円で取得することを決定しました。家賃収入の収益基盤の安定化が目的です。

新型コロナウイルスの影響を受けたとはいえ、WDIは大規模な増資を行うことなく2021年9月末時点で自己資本比率が23.2%あり、財務は比較的安定しています。収益の安定化に向けた不動産の取得は、先が見通せない飲食業界において妙手と言えます。

肝心の売上高も2021年12月に入って回復傾向にあります。2021年12月の国内レストランの売上高は2019年比で94.5%の水準まで戻しています。同時期のすかいらーくは90%を下回りました。

■月次売上(2019年比)

6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
WDI 58.5% 65.5% 52.5% 56.7% 82.8% 88.3% 94.5%
すかいらーく 64.7% 74.6% 61.5% 62.5% 82.5% 81.0% 89.8%

※月次報告書より筆者作成

WDIは新規出店や新業態領域にアクセルを踏み込むとしており、承継した「ちんや」が正にその中心にいることになります。海外のブランドに強みを持っていたWDIが日本の超老舗ブランドをどのように育てるのか。注目が集まります。

麦とホップ@ビールを飲む理由

麦とホップ @ビールを飲む理由

しがないサラリーマンが30代で飲食店オーナーを目指しながら、日々精進するためのブログ「ビールを飲む理由」を書いています。サービス、飲食、フード、不動産にまつわる情報を書き込んでいます。飲食店、宿泊施設、民泊、結婚式場の経営者やオーナー、それを目指す人、サービス業に従事している人、就職を考えている人に有益な情報を届けるためのブログです。やがて、そうした人たちの交流の場になれば最高です。

NEXT STORY

【2021年外食業界のM&A】スシローが京樽買収でテイクアウト強化へ

【2021年外食業界のM&A】スシローが京樽買収でテイクアウト強化へ

2021/12/31

新型コロナウイルス感染拡大の長期化に苦しんだ2021年の外食企業。集客に苦戦する外食企業各社は焼肉や寿司へと業態の幅を広げ、テイクアウトやデリバリーなど多角的な事業展開をするようになりました。その手法としてM&Aを積極活用する例が目立ちます。