「次の次」をにらんだロータリー選択の深慮

 さらにロータリーにはレシプロエンジンにない特性がある。ガソリンだけでなく、水素も燃料にできるのだ。ロータリーではエンジン内の燃料を噴射する空間と燃焼する空間が異なるため、水素を燃料にしてもレシプロエンジンのようなバックファイア(異常燃焼)が起こりにくい。エンジンの改造も簡単で、ガソリンと水素を同時に燃料として使えるという強みもある。

 トヨタは水素を燃料とする燃料電池車(FCV)「ミライ」を発売するなど、水素FCVの普及に力を入れている。わずかな改造で水素を燃料にできるロータリーHVが普及すれば、水素ステーションなどの燃料供給インフラ整備にも弾みがつく。

水素ステーション

水素も利用可能なロータリーエンジン(Photo by Ryu Hayano)

 しかもガソリン併用が可能な水素ロータリーは、水素ステーションが少なくても既存のガソリンスタンドで燃料を補充できる。FCV時代への橋渡し役を担うエンジンとして最適なのだ。トヨタは次期HV用エンジンとしてだけではなく、将来の水素FCV時代をにらんでロータリーを選択したのである。トヨタが相互出資という異例の厚遇でマツダと提携した一因に、「終わった技術」と考えられていたロータリーの囲い込みがあったとすれば納得がいく。トヨタの深慮遠謀おそるべしだ。

文:M&A Online編集部