M&A速報

鉄人化計画<2404>、韓国カラオケ事業に投資するファンド会社を譲渡

2014/05/09

カラオケルームを運営する(株)鉄人化計画(以下「鉄人化計画」)は、連結子会社のシーエルエスジー私募投資専門会社第1号(韓国、営業利益△600万円(△68百万ウォン)、純資産2億9300万円(2,932百万ウォン)、出資割合99.93%)への出資持分の全部を譲渡することについて決議した。なお、同社の完全子会社であるチョリン KOREA Incは、鉄人化計画の連結孫会社ではなくなる。

鉄人化計画グループは、韓国市場でのカラオケエンターテインメント事業の展開を目的として韓国系ファンド(シーエルエスジー私募投資専門会社第1号)に投資し、同ファンドがチョリンKOREA Incに出資していた。同社は、日本型のカラオケスタイルであるレストランカラオケ店を新たな試みとして運営するとともに、チョリンKOREA Incを通じて韓国における店舗運営調査を行なってきた。しかし、チョリンKOREA Incの業績が営業戦略途上において厳しい状況が続いており、また、日本型カラオケスタイルが韓国において受け入れられるまでに相当の時間が掛るものと判断し、事業再編を行なうべく、持分出資金の全部を譲渡することに至った。

持分譲渡価額は2億2400万円(2,243.5百万ウォン)※1ウォン=0.10円にて換算。

持分譲渡期日は2014年6月10日。

M&Aデータベース

関連の記事

債務超過のカラオケの鉄人、創業者の資産管理会社から15億を調達

債務超過のカラオケの鉄人、創業者の資産管理会社から15億を調達

2020/07/24

「カラオケの鉄人」を運営する鉄人化計画にGC注記が付きました。新型コロナ感染拡大で第3四半期で3億4800万円の営業損失を計上。通期で9億5000万円の営業損失、純損失を16億円を計上します。同社は創業者の資産管理会社から15億円を調達しました。

【3月M&Aサマリー】86件は11年ぶりの高水準|新型コロナの影響は4月以降か?

【3月M&Aサマリー】86件は11年ぶりの高水準|新型コロナの影響は4月以降か?

2020/04/06

2020年3月のM&A件数は前年同月を4件上回る86件となり、3月として09年(88件)以来11年ぶりの高水準を記録した。国内でも新型コロナウイルスの影響が広がる中、M&A市場への波及も懸念されていたが、数字上はひとまず先送りされた格好だ。