カギは保証・担保偏重融資から脱却できるか

国や関係機関が本腰を上げて保証二重取りの解消や、そもそもの経営者保証に依らない融資を推進する背景には、事業承継やそれに伴うM&Aなどを通じた企業再編を加速させ、若い経営層を中心に今後の日本経済の核となるような思い切ったイノベーションにつなげたいとの狙いがある。

金融機関に対しては、時代の変化を認識し、従来の保全中心の融資思考ではなく、事業や将来性を見極めた「投資的思考」への展開を促しているのは明らかだ。

体力の厳しい金融機関は貸倒の増加を恐れて、投資的思考に基づく融資はできないという意見が出るのは私企業として至極当然の反応ではある。しかし、金融機関自身がこのタイミングで将来の中小企業の未来を後押ししない限り、日本経済が共倒れになりかねないということを意識して、この経営者保証の問題を捉えてほしいと切に願っている。

文:認定事業再生士(CTP) 菅井啓勝