企業法務弁護士が語る「法務デュー・ディリジェンスの限界」

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt
※画像はイメージです

法務デュー・ディリジェンスにおけるコンプライアンス調査

大企業が買収した子会社で何らかの不祥事が起きたことが報道されると、買収時の法務デュー・ディリジェンス(法務DD)ではいったい何を見ていたのか、適切な法務DDを行っていなかったのではないか、と批判されることがある。

たしかに、企業における様々なリスクの中でも、表示偽装、談合・カルテルといったコンプライアンスリスクは、ときとして企業存続の危機も招きかねない深刻なものがあり、買手企業としては事前にそのリスクの有無とインパクトを確認しておきたいところである...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY

上場会社株式の売買単位の統一について

司法書士法人・行政書士法人星野合同事務所
| 2018/3/28
2018.03.28

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5