ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【契約書】秘密保持契約(NDA)

alt

情報漏えいしないために結ぶ「秘密保持契約」

秘密保持契約(NDA;Non-Disclosure Agreement)とは、売り手と買い手の双方が、交渉前に情報開示を前提として最初に締結する契約になります。「守秘義務契約」や「機密保持契約」と呼ぶ人もいます。

会社を譲渡するにあたり、情報漏えいは会社の存続に関わるといっても過言ではありません。仲介機関を利用してM&Aを進める場合、買い手に打診するにあたり企業名が特定されない程度の情報で相手の関心度を測ります。詳細な情報や会社名を開示する段階になったら、売り手と買い手の間で「秘密保持契約」を締結します。

買い手候補のなかには、本当に買う気がないにもかかわらず、情報を得る目的の会社もあります。よく相手を見極めながら情報開示をします。

秘密保持契約に盛り込む主な内容

1. 第三者に知りえた情報を開示しないこと
2. 開示された情報を買収目的以外に使用しないこと
3. 秘密保持契約の期間

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

新信託法改正の注意点 受益権売買があった場合

新信託法改正の注意点 受益権売買があった場合

2018/03/14

不動産を信託受益権化することで、不動産流通税及び登録免許税を軽減することができます。受益権売買があった場合、受益者の変更登記のほかに委託者の変更登記も必要となりますので注意しましょう。