ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【契約書】仲介契約書・アドバイザリー契約書(FA)

alt

最近のM&Aニーズの高まりを受けて、銀行や証券会社などでもM&Aの支援業務に力を入れているところが増えています。M&Aを支援する会社には、大きく分けて、「大企業・上場企業向けにM&Aアドバイザリー業務を行う会社」と、「中小企業向けにM&A仲介を行う会社」があります。

大企業同士のM&Aでは、当事者の双方がM&Aアドバイザーを雇いM&Aを進めることが多いのですが、後継者不在による事業承継型M&Aを行う中堅・中小企業などでは、M&A仲介会社が「仲介」という形式で当事者双方の間に入ってM&Aを進めることが多いようです。

アド契約、仲介契約、FA契約など呼び方は様々ですが、第三者機関に依頼するときに締結します。

仲介手数料の料金体系は、アドバイザリー契約時に着手金、成立時に譲渡価額や譲渡資産の移動額に応じて2~5%程度の成功報酬といのが一般的に多いようです。

仲介会社の多くは、最低成功報酬(ミニマムチャージ)を設けており、仲介会社が扱う案件サイズによって大きく異なります。

このほか、仲介会社によってはM&A活動中の月額報酬やタイムチャージがかかる場合もあります。

文:M&A Online編集部

契約書の種類 記事リンク(URL)
秘密保持契約書 https://maonline.jp/articles/nda
仲介依頼契約書
基本合意書 https://maonline.jp/articles/loi
最終契約書 https://maonline.jp/articles/pa
株式贈与契約書 https://maonline.jp/articles/kabushikizouyo


M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

【契約書】秘密保持契約(NDA)

【契約書】秘密保持契約(NDA)

2018/03/15

会社を譲渡するにあたり、情報漏えいは会社の存続に関わるといっても過言ではありません。M&Aを進める際には、売り手と買い手の間で「秘密保持契約」を締結します。