大学発ベンチャーの「起源」(69) アイ・ブレインサイエンス

alt
認知症の早期発見につながる、受検者の負担が少ない検査方法を開発(写真はイメージ)

アイ・ブレインサイエンス(大阪府吹田市)は大阪大学発の医療検査ベンチャー。同大学の武田朱公准教授らによる「視線検出技術を利用した簡易認知機能スクリーニングシステムの開発による社会システムの負荷軽減」が2018年度の科学技術振興機構(JST)大学発新産業創出プログラム(START)に採択されたのを受け、その成果を社会実装するため2019年11月に起業した。

認知症の早期発見を阻む「複雑な対面検査」

同社が研究に取り組んでいるのは、認知症診断システム。わが国で65歳以上の高齢者のうち7人に1人に当たる462万人(2012年時点)が認知症とされており、軽度認知障害(MCI)の「認知症予備軍」を含めると約900万人に達するとも言われている。

現時点で認知症の治療は難しいが、発症や進行を遅らせることは可能だ。認知症を早期発見し、生活習慣の改善や運動といった早期介入を実施すれば、発症を大幅に減らせることが分かっている。しかし、約75%の認知症患者は未受診のまま見逃されているとの調査結果もあり、防げたはずの認知症で苦しんでいる高齢者や家族も少なくない。

認知症検査の未受診者が多い理由は、検査方法にあった。従来の認知症検査は医師との対面による問診法をベースにした認知機能評価で、検査に時間がかかり被検者の心理的負担も大きい。そのため敬遠する高齢者が少なくないのだ。そこで同社では、もっと簡易で被検者の精神的な負担が少ない検査方法を研究した。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

大学発ベンチャーの「起源」(68) LQUOM

大学発ベンチャーの「起源」(68) LQUOM

2022-11-05

LQUOMは横浜国立大学発の量子通信ベンチャー。堀切智之横浜国大准教授の研究室が手がけた光および物質量子系の基礎研究と「JST(国立研究開発法人科学技術振興機構) START事業」の成果をシーズ技術として2020年1月にスピンオフ起業した。