大学発ベンチャーの「起源」(65) bitBiome

alt

bitBiome(ビットバイオーム、東京都新宿区)は、早稲田大学発のバイオ分析ベンチャー。創業者で取締役 CSO (最高科学責任者)の細川正人同大理工学術院先進理工学研究科准教授が開発した微生物シングルセル解析技術「bit-MAP」を利用して微生物ゲノムデータベースを構築するため、2018年11月に設立した。

たった1個の微生物でゲノム解析が可能に

細川CSOは2019年に「文部科学大臣表彰若手科学者賞」、2019年にJST(科学技術振興機構)の「さきがけイノベーション賞」を受賞した気鋭の研究者だ。

これまで微生物をゲノム解析するには、ターゲットの微生物を環境から単離して培養する必要があった。一方、「bit-MAP」は微小なカプセルに微生物を1細胞ごと閉じ込めて、細胞膜を破壊、DNAを抽出・増幅し、次世代シーケンサー(NGS)で全ゲノムを個別解析する。たった1個の微生物で解析できるため、培養自体が不要になるという。

「bit-MAP」によるゲノム解析のプロセス(同社ホームページより)

これまでに発見された微生物の種類は、地球上に存在する全微生物の0.001%以下とみられており、ゲノム解析がスピードアップすることで未知の微生物の解析が進みそうだ。未知の微⽣物の全ゲノムを1細胞レベルで解読・機能解析してゲノムデータを蓄積することで、医療や製薬、合成生物学といった分野での技術革新が期待されている。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

大学発ベンチャーの「起源」(64) Chordia Therapeutics

大学発ベンチャーの「起源」(64) Chordia Therapeutics

2022/09/10

Chordia Therapeuticsは、京都大学発のがん領域に特化した研究開発型バイオベンチャー。武田薬品工業が研究体制を再編するのに伴い、6人の元同社研究者によって2017年10月に設立。設立と同時に第三者割当て増資に成功している。