【M&A戦略】「子会社化のち合併か売却か」が基本パターン

下表に見るように、エムティーアイはIPO(新規上場)の直後から積極的にM&Aを活用しており、いったん子会社化した後、そのままその会社を残すことは少なく、合併するか売却をするという選択を基本としているように見受けられる。

エムティーアイの沿革と主なM&A

年月 内容
1996年8月 移動体通信機器の販売およびデータ通信サービスの提供を目的として、株式会社エムティーアイを設立
1997年10月 音声情報コンテンツサービスの提供を開始
1998年12月 データ情報コンテンツサービスの提供を開始
1999年10月 当社株式が日本証券業協会に店頭売買有価証券として登録
2000年3月 株式会社ミュージック・シーオー・ジェーピー(株式会社ミュージック・ドット・ジェイピーに商号変更)を子会社化
9月 カード・コール・サービス株式会社(株式会社カードコマースサービスに商号変更)を子会社化
2001年3月 株式会社テレコムシステムインターナショナルを株式交換で完全子会社化
2003年3月 株式会社テレコムシステム東京の商号を株式会社サイクルヒット(株式会社CHに商号変更)に変更
7月 有限会社テレコムシステムセンターを増資、商号を株式会社ITSUMOに変更
10月 株式会社テラモバイルを株式会社ミュージック・シーオー・ジェーピー全額出資により設立
2004年3月 株式会社ミュージック・シーオー・ジェーピーを株式交換で完全子会社化
9月 株式会社カードコマースサービスの株式を株式交換により譲渡
12月 当社株式がジャスダック証券取引所に上場
2005年1月 株式会社モバイルブック・ジェーピーを設立
3月 株式会社テラモバイルの着信メロディ事業を会社分割により承継
12月 株式会社コミックジェイピーを設立
2006年1月 連結子会社の株式会社ミュージック・ドット・ジェイピーを合併
7月 会社分割による携帯電話販売事業部門の分社化(アルファテレコム株式会社)および株式譲渡
11月 連結子会社のITSUMO(TMに商号変更)の医療保険販売事業を会社分割および孫会社のITSUMOインターナショナル(ITSUMOに商号変更)の株式譲渡
2007年1月 連結子会社の株式会社テレコムシステムインターナショナルを合併
6月 連結子会社の株式会社TMを合併
2009年2月 連結子会社の株式会社コミックジェイピーを合併
2010年6月 上海海隆宜通信息技術有限公司を設立
11月 Jibe Mobile株式会社を第三者割当増資引受けにより子会社化
12月 MShift,Inc.を連結子会社化
2012年4月 株式会社マイトラックスを株式取得および第三者割当増資引受けにより子会社化
7月 Playground Publishing Holdings B.V.を株式取得により子会社化
2013年5月 株式会社ビデオマーケットを持分法適用関連会社化
9月 株式会社エバージーンを設立
11月 株式会社ソニックノートを設立
2014年4月 株式会社hotarubiを株式取得により連結子会社化
5月 Playground Publishing Holdings B.V.の株式譲渡
9月 ソーシャルアプリ決済サービス株式会社を株式取得により連結子会社化
2015年3月 東京証券取引所市場第一部へ株式を上場
4月 クライム・ファクトリー株式会社および株式会社ファルモを株式取得により連結子会社化
7月 株式会社カラダメディカおよび株式会社LHRサービスを設立
7月 連結子会社のソーシャルアプリ決済サービス株式会社を吸収合併
9月 株式会社hotarubiの株式譲渡
2016年9月 MYTRAX VIETNAM Co., Ltdを設立
2017年3月 連結子会社のマイトラックスを合併

M&A Online編集部作成