トップ > 事業承継 > 相続・事業承継 >M&Aの相続対策、不動産を利用した相続税対策のデメリットとは?

M&Aの相続対策、不動産を利用した相続税対策のデメリットとは?

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt

M&Aを行い巨額の資金が入金になることが一般的だ。この資金で悠々自適なセカンドライフを過ごしたいと考えている経営者も多いだろう。しかし、巨額の資産が入ってくると気を付けなければいけないこともある。

それは相続税。相続税対策を何も行わずに万が一のことが起こると巨額の相続税を支払う必要がある。

そこで相続税対策が必要な人の多くは、不動産を使った相続税対策を行う傾向にある...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY