相続の記事一覧

M&Aの相続対策、「持ち株会社」を上手に使うには

M&Aの相続対策、「持ち株会社」を上手に使うには

M&Aの相続対策で有効な手立ての一つが「持ち株会社」。上手に活用するためのポイントは?

記事を読む
M&Aの相続対策、経営者が知っておきたい相続の実態と基本用語(続き)

M&Aの相続対策、経営者が知っておきたい相続の実態と基本用語(続き)

相続の実態や基本用語について、さらに踏み込んで説明したい。相続税対策をしっかり行うためには、相続に関する実情や用語についてしっかり理解しておく必要がある。

記事を読む
M&Aの相続対策、経営者が知っておきたい相続の実態と基本用語を徹底解説!

M&Aの相続対策、経営者が知っておきたい相続の実態と基本用語を徹底解説!

相続税対策に悩んでいる経営者は多いだろう。特にM&Aを行い多額の売却資金が入金になった経営者の場合、相続税対策は非常に大きな問題だ。いざ相続税対策といっても相続の実情について知らなければ対策の立てようがない。

記事を読む
M&Aの相続対策、「ゼロクーポン債」を活用する

M&Aの相続対策、「ゼロクーポン債」を活用する

M&Aを行い、莫大な売却資金が入ってくると多くの経営者は相続税対策を考えるだろう。相続税の最高税率は55%にも上るため、場合によっては、残された遺族は多額な相続税を支払わなければならない。今回は、相続税対策になるゼロクーポン債を取り上げる。

記事を読む
M&Aの相続対策、「ファンドラップ」を活用する

M&Aの相続対策、「ファンドラップ」を活用する

M&Aを行い、多額の資金が手元に入ってきた経営者にとって相続税対策は大きな問題だ。そこで今回は、金融商品の中でも相続手続きが比較的な簡単な商品の代表例としてファンドラップについて説明をする。

記事を読む
「事業承継法」入門|編集部おすすめの1冊

「事業承継法」入門|編集部おすすめの1冊

タイトルにある「事業承継法」は単独の法律ではなく、民法、会社法、税法などを中心とする事業承継に関連する多岐に渡る法律を指しており、事業承継の検討や実行のために必要な、これら法律の知識を習得してもらうのが本書の目的。

記事を読む
M&Aの相続対策、銀行に相談するメリットは何?

M&Aの相続対策、銀行に相談するメリットは何?

M&Aの対価として得た資金を老後資金にあてたい経営者も多いと思う。大きな資産を残すと残された家族には多額の相続税がかかる。相続税を少しでも少なくするため銀行に相談をする経営者は非常に多い。今回は銀行に相続対策を依頼するメリットを説明をする。

記事を読む
M&Aの相続対策、不動産を利用した相続税対策のデメリットとは?

M&Aの相続対策、不動産を利用した相続税対策のデメリットとは?

相続税対策に不動産が使われることが少なくない。不動産の評価額が現預金に比べると有利な制度であることやアパートローンの利用で資産を圧縮できるからだ。ところが、デメリットもある。今回は不動産を使った相続税対策のデメリットについて説明をする。

記事を読む
M&Aの相続対策、アパートローンを活用するメリットとは?

M&Aの相続対策、アパートローンを活用するメリットとは?

M&Aを行うと、多額の資金を手にする場合が多い。しかし、多額の資産を残して万が一のことがあると遺族に莫大な相続税がかかる。相続税は少なければ少ないほうがいい。今回はアバートローンを利用した相続税対策について説明する。

記事を読む
M&Aの相続対策、円滑な資産継承に「リレープラン」がおすすめ

M&Aの相続対策、円滑な資産継承に「リレープラン」がおすすめ

リレープランとは契約者が亡くなった後も配偶者や子供が引き継ぐことができ契約者が受け取っていた年金などを配偶者や子供が受け取ることができる仕組みのことをいう。M&Aで入金になったお金をスムーズに家族に承継することができることをご存知だろうか?

記事を読む
M&Aの相続対策、子供のいない夫婦は生前に「遺言」を作成すべし

M&Aの相続対策、子供のいない夫婦は生前に「遺言」を作成すべし

会社を売却すると際、まとまった資金が手にするケースが多い。その際、子供がいる夫婦の場合と異なり、子供のいない場合、遺言を作成しておかないと相続が発生した時に想定外の事態になる可能性が高いのだ。今回は子供のいない夫婦の相続の注意点を説明する。

記事を読む
教育資金贈与を利用した相続税対策|経営者のためのM&A出口戦略

教育資金贈与を利用した相続税対策|経営者のためのM&A出口戦略

M&Aを実行すると、経営者に多額の資金が入ってくることが一般的だろう。相続税の最高税率は55%であり、何の対策もしていないと多額の相続税がとられてしまう。相続税対策として今回は教育資金贈与について説明する。

記事を読む
「租税弁護士が教える事業承継の法務と税務」|編集部おすすめの1冊

「租税弁護士が教える事業承継の法務と税務」|編集部おすすめの1冊

中小企業の事業承継の場面で「法務と税務のコラボレーション」が今ほど求められる時代はないという。高齢を迎えた多くの中小企業経営者にとって事業承継は差し迫った問題だ。法務と税務の双方に精通した「租税弁護士」(タックス・ロイヤー)が事例解説する。

記事を読む
病医院の引き継ぎ方・終わらせ方が気になったら最初に読む本

病医院の引き継ぎ方・終わらせ方が気になったら最初に読む本

病医院の引き継ぎ方や終わらせ方が気になりだした医師向けに、病医院の相続にかかる税金や病医院のM&A、廃業、解散などについて具体的な事例を盛り込みながら解説した。

記事を読む
被保険者を孫や子供にする|生命保険を活用したM&A出口戦略(4)

被保険者を孫や子供にする|生命保険を活用したM&A出口戦略(4)

M&Aの売却金をそのままにしておくと、 相続の時に多額の税金が取られることになってしまう。 生命保険を利用した相続税対策には様々なスキームがあるが、今回は「被保険者を孫や子供にするスキーム」について説明する。

記事を読む
終身保険に「贈与」を絡める|生命保険を活用したM&Aの出口戦略(2)

終身保険に「贈与」を絡める|生命保険を活用したM&Aの出口戦略(2)

企業を売却する中小企業が増加傾向にある。オーナーは保有している自社株を手放すので、売却代金が入ってくる。多額の現預金を保有したまま相続が発生すると、遺族は多額の相続税を納めなくてはならない。生命保険を活用した相続税対策を解説する。

記事を読む
本当にあった「お家騒動」に学ぶ 創業家のリスクマネジメント|編集部おすすめの1冊

本当にあった「お家騒動」に学ぶ 創業家のリスクマネジメント|編集部おすすめの1冊

「大きすぎる富は災いを生む」という。その最たるものが遺産相続だろう。その「遺産」が現預金や上場企業の株式、不動産ならば、不満はあっても全ての関係者にそれなりの分前は入る。が、それが「会社」であれば、争った全員が何もかも失う危険性があるのだ。

記事を読む
相続・事業承継ビジネスに携わる方のための営業トーク集(改訂版)|編集部おすすめの1冊

相続・事業承継ビジネスに携わる方のための営業トーク集(改訂版)|編集部おすすめの1冊

​相続や事業承継で悩んでいる資産家や中小企業経営者らに的確なアドバイスを行い、ビジネスを拡大することを目的に、銀行員や税理士、コンサルタントら向けに書かれた営業トーク集。

記事を読む
株券発行会社において株券の提示なくして相続人による名義書換請求が認められた事例

株券発行会社において株券の提示なくして相続人による名義書換請求が認められた事例

株券を提示しなくても、実質的権利を証明することにより名義書換請求が認められた事例(2018年7月11日付東京高裁判決)を取り上げます。

記事を読む
『会社の相続』事業承継のトラブル解決|編集部おすすめの1冊

『会社の相続』事業承継のトラブル解決|編集部おすすめの1冊

黒字にもかかわらず廃業に追い込まれる中小企業も珍しくなくなった。今や廃業件数は倒産件数の3倍以上であり、中小企業の「死因」では最もポピュラーになっている。そこで注目されているのが「事業承継」。しかし、中小企業の事業承継には危険がいっぱいだ。

記事を読む
大型倒産のタカタが場外乱闘?創業家のお家騒動が勃発

大型倒産のタカタが場外乱闘?創業家のお家騒動が勃発

タカタ創業家の高田重久・前タカタ社長と実母の高田暁子氏との間の「親子喧嘩」で、民事裁判に発展していることがわかった。タカタの関係者は「この裁判は民事再生手続きに影響はない」とあくまでも身内の争いと突き放す。

記事を読む
【現場の声】経営を安定させ雇用を守る道筋をつけることが自分の役割。その選択肢の1 つがM&Aでした。

【現場の声】経営を安定させ雇用を守る道筋をつけることが自分の役割。その選択肢の1 つがM&Aでした。

日本真空科学研究所の飛田睦子社長は、夫の急逝により4代目社長となる。それまで事業に関与されたご経験がなかった飛田社長は、事業の存続と安定を図るため、M&Aを決断。2017年2月、信頼できる会社への事業承継を実現された。

記事を読む
【質問】会社を従業員に譲るのとM&Aではどう違う?

【質問】会社を従業員に譲るのとM&Aではどう違う?

事業承継に悩むオーナー経営者にとって、番頭さんへの譲渡は一見、一番良い選択のように思います。しかし実際にEBOを実行する企業はほとんどないといってよいでしょう。

記事を読む
【著名会計事務所に聞く】事業承継と相続(1)「相続は公平に」という考えは、会社経営には通用しにくい!?

【著名会計事務所に聞く】事業承継と相続(1)「相続は公平に」という考えは、会社経営には通用しにくい!?

次代の後継者に事業をバトンタッチする「事業承継」。規模の大小にかかわらず、株式を上場していない企業においては「『相続と経営』という2つの課題を解決していくことが課題」と事業承継やM&Aに詳しい税理士法人髙野総合会計事務所シニアパートナー・公認会計士・税理士小宮孝之氏は語る。実際に事業承継に悩む中小企業の社長に向けて、その手法や税制の活用についてお話をを伺った。

記事を読む
リノベーションに民事信託を!

リノベーションに民事信託を!

資産管理、資産承継の手法として最近よく活用されている民事信託。今回は賃貸不動産を所有されている方に民事信託を活用してリノベーションをするスキームのご案内します。

記事を読む