不動産取引の記事一覧

自社不動産売却ブームから透けて見える日本企業の「行動変容」

自社不動産売却ブームから透けて見える日本企業の「行動変容」

大企業の不動産売却が進んでいる。新型コロナウイルス感染症拡大による業績不振によりやむなく手放すケースが目立つが、一方で業績とは関係なく不動産を売却する動きも出てきた。大企業の自社不動産に対する「行動変容」が起こりつつあるようだ。

記事を読む
M&Aの相続対策、不動産を利用した相続税対策のデメリットとは?

M&Aの相続対策、不動産を利用した相続税対策のデメリットとは?

相続税対策に不動産が使われることが少なくない。不動産の評価額が現預金に比べると有利な制度であることやアパートローンの利用で資産を圧縮できるからだ。ところが、デメリットもある。今回は不動産を使った相続税対策のデメリットについて説明をする。

記事を読む
積水ハウスの地面師事件を考える

積水ハウスの地面師事件を考える

4月23日に積水ハウスが株主総会を開催し株主提案に注目が集まりました。きっかけは同社が地面師事件に巻き込まれ、55.5億円の損失を計上したことでした。不正な取引を防止するための内部統制がなかったわけではありませんが、機能しませんでした。

記事を読む
新信託法改正の注意点 受益権売買があった場合

新信託法改正の注意点 受益権売買があった場合

不動産を信託受益権化することで、不動産流通税及び登録免許税を軽減することができます。受益権売買があった場合、受益者の変更登記のほかに委託者の変更登記も必要となりますので注意しましょう。

記事を読む
【M&Aと税務】平成29年度税制改正が与える不動産M&Aへの影響とは

【M&Aと税務】平成29年度税制改正が与える不動産M&Aへの影響とは

平成29年度税制改正により組織再編税制が見直されました。財務省の税制改正の解説で、本改正は、「近年行われている多様な組織再編成に対応する」ためになされたと説明されています。なかでも実務家の間で話題となっている改正が、分割型分割における関係継続要件の見直しです。その影響で、不動産M&Aの実務が大きく変わることになります。

記事を読む
東証1部・2部上場企業 不動産売却調査

東証1部・2部上場企業 不動産売却調査

東京商工リサーチの調査によると、2016年度に国内不動産を売却した東証1部、2部上場企業は77社で、2年ぶりに前年度を上回った。業種別では、卸売が10社で最も多かった。

記事を読む
【譲渡所得税】 いくらで買ったか分からない不動産の譲渡原価は?

【譲渡所得税】 いくらで買ったか分からない不動産の譲渡原価は?

今回は、個人が土地を売った時の税金(譲渡所得税・住民税)のお話です。不動産取得費が分からないときの計算方法はどうしたらよいでしょうか。

記事を読む
【法律とM&A】土地境界について~土地評価との関係

【法律とM&A】土地境界について~土地評価との関係

不動産取引での「土地境界」の問題は、所有権界と筆界になることが多い。通常この2つは一致するが、不一致の場合がある。それはいったいどういうもので、それを証明するのに必要なことは何か、司法書士・行政書士法人星野合同事務所の解説をみてみよう。

記事を読む