M&Aの相続対策の記事一覧

M&Aの相続対策、信託銀行をどう利用する?(1)

M&Aの相続対策、信託銀行をどう利用する?(1)

信託銀行には、普通銀行にはない、さまざまな相続対策のスキームがあることをご存知だろうか。M&Aを行い多額の資金が入金になった経営者の多くは相続税対策が必要になるので、信託銀行の活用も検討したい。

記事を読む
M&Aの相続対策、「持ち株会社」を上手に使うには

M&Aの相続対策、「持ち株会社」を上手に使うには

M&Aの相続対策で有効な手立ての一つが「持ち株会社」。上手に活用するためのポイントは?

記事を読む
M&Aの相続対策、金融機関の「遺産整理商品」を利用する際のポイントとは

M&Aの相続対策、金融機関の「遺産整理商品」を利用する際のポイントとは

M&Aで多額の資金が入ってきた経営者に万が一のことがあると、銀行などが提供する遺産整理商品を利用する相続人が増えている。銀行などが被相続人の財産の調査をし、相続人に代わって相続手続きを行うのが遺産整理商品。その利用のポイントとは。

記事を読む
M&Aの相続対策、経営者が知っておきたい相続の実態と基本用語(続き)

M&Aの相続対策、経営者が知っておきたい相続の実態と基本用語(続き)

相続の実態や基本用語について、さらに踏み込んで説明したい。相続税対策をしっかり行うためには、相続に関する実情や用語についてしっかり理解しておく必要がある。

記事を読む
M&Aの相続対策、「ゼロクーポン債」を活用する

M&Aの相続対策、「ゼロクーポン債」を活用する

M&Aを行い、莫大な売却資金が入ってくると多くの経営者は相続税対策を考えるだろう。相続税の最高税率は55%にも上るため、場合によっては、残された遺族は多額な相続税を支払わなければならない。今回は、相続税対策になるゼロクーポン債を取り上げる。

記事を読む
M&Aの相続対策、「ファンドラップ」を活用する

M&Aの相続対策、「ファンドラップ」を活用する

M&Aを行い、多額の資金が手元に入ってきた経営者にとって相続税対策は大きな問題だ。そこで今回は、金融商品の中でも相続手続きが比較的な簡単な商品の代表例としてファンドラップについて説明をする。

記事を読む
M&Aの相続対策、銀行に相談するメリットは何?

M&Aの相続対策、銀行に相談するメリットは何?

M&Aの対価として得た資金を老後資金にあてたい経営者も多いと思う。大きな資産を残すと残された家族には多額の相続税がかかる。相続税を少しでも少なくするため銀行に相談をする経営者は非常に多い。今回は銀行に相続対策を依頼するメリットを説明をする。

記事を読む
M&Aの相続対策、銀行に相談する場合のデメリットは何?

M&Aの相続対策、銀行に相談する場合のデメリットは何?

M&Aの相続税対策では、ノウハウがありそうな銀行に相談をしようと思うのではないだろうか。しかし、銀行に相続税対策の相談をすることにはデメリットもある。

記事を読む
M&Aの相続対策、不動産を利用した相続税対策のデメリットとは?

M&Aの相続対策、不動産を利用した相続税対策のデメリットとは?

相続税対策に不動産が使われることが少なくない。不動産の評価額が現預金に比べると有利な制度であることやアパートローンの利用で資産を圧縮できるからだ。ところが、デメリットもある。今回は不動産を使った相続税対策のデメリットについて説明をする。

記事を読む
M&Aの相続対策、アパートローンを活用するメリットとは?

M&Aの相続対策、アパートローンを活用するメリットとは?

M&Aを行うと、多額の資金を手にする場合が多い。しかし、多額の資産を残して万が一のことがあると遺族に莫大な相続税がかかる。相続税は少なければ少ないほうがいい。今回はアバートローンを利用した相続税対策について説明する。

記事を読む
M&Aの相続対策、円滑な資産継承に「リレープラン」がおすすめ

M&Aの相続対策、円滑な資産継承に「リレープラン」がおすすめ

リレープランとは契約者が亡くなった後も配偶者や子供が引き継ぐことができ契約者が受け取っていた年金などを配偶者や子供が受け取ることができる仕組みのことをいう。M&Aで入金になったお金をスムーズに家族に承継することができることをご存知だろうか?

記事を読む
M&Aの相続対策、子供のいない夫婦は生前に「遺言」を作成すべし

M&Aの相続対策、子供のいない夫婦は生前に「遺言」を作成すべし

会社を売却すると際、まとまった資金が手にするケースが多い。その際、子供がいる夫婦の場合と異なり、子供のいない場合、遺言を作成しておかないと相続が発生した時に想定外の事態になる可能性が高いのだ。今回は子供のいない夫婦の相続の注意点を説明する。

記事を読む