お口の恋人「ロッテ」と「ラーメン」異色のコラボとは

alt
麺屋武蔵のチョコラーメン「“茶”ガーナ」

ガムやチョコレートなどを手がける大手菓子メーカーのロッテ(東京都新宿区)が、バレンタインデーを機にラーメンチェーン店2社と相次いでコラボ(共同事業)に乗り出した。

麺屋武蔵(東京都新宿区)と幸楽苑ホールディングス<7554>がそのコラボ相手で、両社はいずれもチョコレートとラーメンを組み合わせた「チョコラーメン」を期間限定で販売する。 

ラーメンとチョコの相性はいいのだろうか。 

豚挽き肉炒めにガーナミルク1枚を使用 

麺屋武蔵はロッテと連携し、2021年2月11日から同14日まで、チョコラーメン「“茶”ガーナ」を新宿・上野・吉祥寺エリアで販売する。

“茶”ガーナ(ニュースリリースより)

「お茶」という和の要素を取り入れ、ほうじ茶などの苦みとチョコレートの甘さの絶妙なバランスを実現。ロッテの板チョコ「ガーナミルク」約1枚を用いて炒めた豚ひき肉はコクのある甘みがあり、ほうじ茶、きなこ、白ゴマ、醤油ダレなどで作る特製ダレを引き立てるという。

コロナ禍でチョコを渡せない人にも利用してもらえるよう、食品デリバリーのUber Eatsを活用し、バレンタインのプレゼント用として箱に入れて届ける。

届け先にはガーナミルクを、Uber Eatsの配達パートナーにはガーナブラックを、ロッテがそれぞれプレゼントする。

麺屋武蔵は1996年の創業で、東京都内に15店舗、海外に8店舗を展開するラーメン専門店。鶏ガラと豚骨を主体とした動物系スープと、かつお節、煮干しでとる魚介系スープのダブルスープが特徴で、チョコラーメンには13年前から取り組んでいる。

「追いチョコ」でスープの甘みをアップ

幸楽苑ホールディングスは2021年2月17日まで、悪魔の「チョコレートらーめん」と、天使の「ホワイトチョコレートらーめん」を販売している。

チョコレートらーめん(ニュースリリースより)

ロッテのチョコレート菓子「ビックリマン」とコラボし、注文に応じて幸楽苑限定BIG「ビックリマン」シールをプレゼントする。

幸楽苑は2019年からチョコレートラーメンのコラボ企業を募集しており、2020年12月になって、ロッテから申し入れがあったという。

「チョコレートらーめん」は醤油ラーメンをベースに、カカオオイルを加え最後にチョコレートと生姜をトッピングした。「ホワイトチョコレートらーめん」は塩ラーメンをベースにカカオオイルとクリームを加え、ホワイトチョコレートをトッピングして仕上げた。

「チョコレートらーめん」「ホワイトチョコレートらーめん」ともに、「追いチョコ」で、スープの甘さを増すことができる。

幸楽苑では「チョコレートとラーメンの意外な組み合わせですが、迷走ではありません。実はかなり美味しいのです」としており、バレンタイン時期だけしか味わえない商品だけに、一度試してみるのもありかも。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

あの大塚家具も!創業家内紛シリーズ(3) 親子・兄弟の争い編

あの大塚家具も!創業家内紛シリーズ(3) 親子・兄弟の争い編

2017/11/01

今回は「親子、兄弟の争い編」としてロッテ、大塚家具<8186>、ユニバーサルエンターテインメント<6425​>の3社を取り上げる。身内同士の争いであるがゆえに、かえって容赦のない攻防が繰り広げられているようにも映る3社の事例を紹介したいと思う。