トップ > ビジネスと経済 > 企業動向 >中華料理の​「日高屋」が赤字転落 コロナ後の戦略は?

中華料理の​「日高屋」が赤字転落 コロナ後の戦略は?

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt
中華料理(写真はイメージです)

中華料理の日高屋などを展開するハイデイ日高<7611>の2021年2月期は、営業、経常、当期の全段階で損益が赤字に転落する。

これまで2021年2月期の業績見通しについては合理的な算定が困難として公表していなかったが、コロナ感染症拡大の第3波が「大きな売り上げが期待できる年末年始の需要に影響を及ぼしており、期末まで影響が続く」と判断して、見通しを固めた。

回転寿司や焼き肉などの一部の店舗はコロナ禍でも好調さを維持しているものの、多くの外食店は苦境に立たされており、中華料理もコロナ禍に屈した格好だ...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY