米アップルが電気自動車(EV)生産に乗り出すとの観測が出ている。2019年1月に従業員200人以上を解雇して中止したと見られていた自動運転車開発プログラム「プロジェクト・タイタン(Project Titan)」がそれ。2024年に自動運転EVの生産開始を目指し、基幹部品となる車載電池などの開発を進めているという。

アップルEVは委託生産に

アップルは自社製品のスマートフォンやパソコンなどを委託生産している。それらに比べて大きな設備投資が必要なEVとなると、当然ながら他社へ生産を委託することになるだろう。では、どこへ委託するのか。EVといえども「自動車」なので、自動車メーカーに委託するのが自然だ。

最も親和性が高いのはEVメーカーだ。アップルは生産能力が高く、生産コストの安い企業を外注先に選ぶ傾向がある。アップルの「iPhone」や「iPad」「MacBook」などを委託生産する台湾の鴻海精密工業は、電子機器を受託生産するEMSの世界最大手だ。そうなると、アップルEVの委託生産先もEV生産の大手となる。

2019年1〜11月のEV・プラグインハイブリッド(PHV)世界販売ランキングを見ると、トップは米テスラだ。が、テスラは3万5000ドル(約360万円)から販売している「モデル3」の生産に手一杯で、委託生産を受ける余力はない。

テスラは販売好調な「モデル3」の生産で手一杯(同社ホームページより)

さらにアップルEVはブランド力が高いため低価格車ではないと予想されるため、テスラ車と競合する。テスラがアップルEVの量産を受託する可能性は低い。