コロナ禍でゴディバが北米全128店撤退!日本では、どうなる?

alt

「甘い夢もこれまでか」―高級チョコレートブランドを世界展開するベルギーのゴディバが、北米地域での自社ブランド店舗販売からの撤退を決めた。同地域には128店舗を出店しているが、2021年3月末までに全店舗を売却または閉鎖する。

北米市場では実店舗から通販へシフト

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大により実(リアル)店舗での販売が落ち込んでいることから、量販店への単品供給やネットショップでの販売に全面的に切り替えることにした。

ゴディバの自社ブランド店舗の多くは、大型ショッピングセンター(SC)内に出店している。しかし、近年は米国で消費者の大型SC離れが顕著になっており、コロナ禍によりさらに客足が遠のいた。

スイスUBSは米国に展開する専門チェーン店舗はコロナ禍前の2019年に88万3000店あったが、2025年には78万2000店と10万店以上が閉店すると予想している。半面、ネット通販は総小売売上高でのシェアが2019年の15%から2025年には25%に成長する見込みという。

ゴディバは欧州や中東、中華圏などでの自社ブランド店舗は存続すると発表している。では、日本はどうなるのか?実は同じ「ゴディバ」ブランドでも、親会社は全く別だ。

ゴディバの日本での店舗展開はどうなる?(ゴディバ アクアシティお台場、同社ホームページより)

ゴディバは経営危機により1972年に米食品会社のキャンベル・スープ・カンパニーの傘下に入り、2007年にはトルコ食品大手のユルドゥス・ホールディングスが買収。ユルドゥスが2019年に東アジアを拠点とする投資ファンドのMBKパートナーズへゴディバの日本事業を売却した。

NEXT STORY

「モロゾフ」「名糖産業」チョコレート関連上場2社に回復の兆し

「モロゾフ」「名糖産業」チョコレート関連上場2社に回復の兆し

2020/12/08

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴って一時は赤字転落が危惧されていたモロゾフと、名糖産業のチョコレート関連上場2社の業績が回復傾向を示している。巣ごもり消費による需要の増加などが背景にある。