「決戦!株主総会 ドキュメントLIXIL死闘の8カ月」|編集部おすすめの1冊

alt
実践的な「コーポレートガバナンスの教科書」

ところが、当時の同社社外取締役指名委員で作家の幸田真音から「潮田さんからは『瀬戸さんが辞めたいと言っている』と説明を受けた」と聞いたことから、自らの解任劇に疑問を持つ。瀬戸は社内外の仲間たちとCEO復帰を目指し、潮田はじめLIXILグループを相手に8カ月にわたる抗争を繰り広げる。

闘争は株主総会にまでもつれ込み、両者は機関投資家や個人投資家を味方につけようと、丁々発止の攻防を繰り広げる。最後の最後まで結果が見えないスリリングな展開に、ドキュメンタリーとして読み応え十分だ。

しかし、本書の醍醐味は実例に基づく「コーポレートガバナンスの教科書」であることだ。何がコーポレートガバナンスを形骸化していくのか、それを防ぐために必要な対応とは?「理想論」ではない、実践的な示唆に富む教材と言えるだろう。

その意味で最も重要なのは、巻末の「あとがきに代えて」だ。株主総会後のLIXILグループがコーポレートガバナンスをどのように制度設計し直し、運用したのかが簡易に説明されている。コーポレートガバナンスが「仏作って魂入れず」にならないための指南書と言えよう。

本書でオーナー経営者の潮田は「悪役」だが、最大の「被害者」であった側面もある。自ら招き入れたプロ経営者の瀬戸以外は、役員も管理職も潮田の顔色を見て忖度するばかりで、正しい情報や助言を与えなかったのだ。

その結果、潮田は不用意な発言をマスコミや社員の前で繰り返すなど、自らの立場を不利にする失敗をしてしまい、株主総会で敗北することになった。油断すると、いとも簡単に「裸の王様」となってしまう経営者にとっても「必読の書」だ。(2022年6月発売)

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

希望退職者の募集結果、旅行大手KNT-CTを最多に今年19社が発表

希望退職者の募集結果、旅行大手KNT-CTを最多に今年19社が発表

2021-03-03

希望退職者の募集結果についての発表が連日続いている。今年に入って2カ月余りだが、その数は上場企業だけですでに20社近い。応募者が最多だったのは旅行大手の近畿日本ツーリストなどを傘下に持つKNT-CTホールディングスの1376人で、LIXILの965人、オリンパスの844人などが次ぐ。

関連のM&A速報