ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

会計士は「AI」に代替されるのか??

alt

人の判断が優るのは「リスク評価」と「会計上の見積り」

しかし一方で、まだしばらくAIに代替されることはないと考えられる監査業務は存在する。その代表例として挙げられるのが、「リスク評価」と「会計上の見積り」だ。

監査業務においては、期初において今年度の監査をどのように実施していくかの方針が決められる。この際に実施されるのが「リスク評価手続き」といって、どの勘定科目に重要性があるか、それぞれの勘定科目に存在するリスクを低減するためにはどのような監査手続きを実施していくべきか、といった監査の大枠を決定する上で必要なリスク評価が行われる。

このリスク評価を行う際は、財務数値の定量的な分析だけではなく、経営者の姿勢や業界の動向など様々な定性的要因も考慮される。したがって、数字の動きからどこにリスクがありそうかを大枠で特定するのはAIでも可能かもしれないが、最終的にリスク評価手続きを完結させるのは監査人自身で行われることになるであろう。

また、減損や引当金の計上など監査人の判断に大きく依存する「会計上の見積り」については、まだAIに代替されることはないだろう。実務の世界では、このような見積項目についてはほとんど監査人のジャッジによって会計処理が決まるといっても過言ではなく、そのジャッジは、AIの弱点である「過去に例のない新しい局面でどう判断するか」という要素も大きいため、まだまだ人間によって行われる可能性が高い。

経理業務、AIが肩代わりする可能性が大

事業会社の経理部員として働かれている会計士も多いが、経理業務の多くはAIの得意分野であると言える。月次決算の集計や、財務諸表を作成する作業自体は、減損などの見積り項目を除けば判断が不要である場合が多いので、AIが代わりに行ってくれると考えられる。

とはいえ、経理の仕事が全て消えるわけではない。経理の仕事は、ただ財務諸表を作成することだけではなく、上がってくる財務数値から会社のどこに問題点があるのかを把握したり、会計監査対応を行ったりと多岐にわたるため、単純に経理部という組織自体が不要になるとは考えにくいだろう。ただ、財務諸表の作成という負担の大きい作業が自動化されると、経理人員の数はもっと少なくて済むようになる可能性が高いと言うことは事実だ。

写真はイメージです

NEXT STORY

ユニクロ柳井氏、会計士にエール

ユニクロ柳井氏、会計士にエール

2018/07/25

「公認会計士から『公認』をとったらどうか」。ユニクロを展開するファーストリテイリングの柳井正会長が「公認会計士制度70周年」講演で「仕組みや制度に乗っかってお墨付きを出す人、ハンコを押す人になっている。それでいいのでしょうか」と問いかけた。