現在の収録数 304社
【ジャパンミート】M&Aを積極活用、食品スーパー軸に「1000億円」企業の仲間入り

【ジャパンミート】M&Aを積極活用、食品スーパー軸に「1000億円」企業の仲間入り

ジャパンミートは東京都、茨城県を中心に関東近郊で約80店舗の食品スーパーを展開する。もともと精肉販売に強みを持ち、2013年に「肉のハナマサ」を傘下に収めたことで店舗網は格段に厚みを増した。その同社が新たなM&Aを発表した。

記事を読む
【レノバ】太陽光発電再編の「台風の目」になるか?

【レノバ】太陽光発電再編の「台風の目」になるか?

再生可能エネルギー事業の大手企業として知られるレノバだが、同事業に参入したのは東日本大震災の翌年の2012年と意外にも新しい。再生可能エネルギー業界で存在感を高める原動力となったのがM&Aだ。激変する再生可能エネルギーで、どう生き残るのか。

記事を読む
【亀田製菓】あられ、せんべいからの脱皮目指す 

【亀田製菓】あられ、せんべいからの脱皮目指す 

亀田製菓が「あられ、せんべい」からの脱皮を始めた。2019年2月に実施した6年ぶりのM&Aはその取り組みの第一弾。2019年3月期から2024年3月期までの6年間でM&Aに400億円を投じるという。

記事を読む
【ヒビノ】東京五輪で“任務”果たし「音と映像」の世界ブランドへ

【ヒビノ】東京五輪で“任務”果たし「音と映像」の世界ブランドへ

ヒビノはコンサートやイベントで使う音響・映像機材を世界有数の規模で保有し、コンテンツの演出や進行を舞台裏で操る。東京五輪・パラリンピックでは施設整備の特需が控える。その同社はM&A巧者としての顔を持つ。傘下に収めた企業は10数社に及ぶ。

記事を読む
【グローブライド】世界一の釣具メーカーが次に仕掛けるM&Aは

【グローブライド】世界一の釣具メーカーが次に仕掛けるM&Aは

かつて「ダイワ精工」として知られていたスポーツ用品メーカーがあった。釣、ゴルフ、テニス向けの商品を製造・販売しており、「ダイワ」ブランドは今も健在だ。同社はグローブライドに社名変更。しばらく沙汰やみだったM&Aが再始動する可能性が出てきた。

記事を読む
【SHIFT】ブルーオーシャンに挑み、7年で売上高8倍に

【SHIFT】ブルーオーシャンに挑み、7年で売上高8倍に

ソフトウエアテストビジネスを手がけるSHIFTが大変革に乗り出した。「ソフトウエアテストのSHIFTから品質保証のSHIFTへ」を合言葉に、SHIFTの品質基準を世界中に広める作戦だ。

記事を読む
【廣済堂】米ファンドと組んでMBO、新たなビジネスモデル構築へ

【廣済堂】米ファンドと組んでMBO、新たなビジネスモデル構築へ

中堅印刷業の廣済堂が乾坤一擲の“大勝負”に出る。米投資ファンドのベインキャピタル主導によるMBO(経営陣による買収)を実施し、株式の非公開化に踏み切る。有力ファンドの傘下で事業再構築を迅速に進めたうえで、数年後に再上場を狙うとみられる。

記事を読む
【帝人】M&Aで素材メーカーから自動車部品メーカーへ「転身」

【帝人】M&Aで素材メーカーから自動車部品メーカーへ「転身」

国内化学合繊大手の一角を占める帝人が、2017年からM&Aを積極的に展開している。ターゲットは自動車。自動車部品メーカーを次々に買収し、炭素繊維部品による車体の軽量化で完成車メーカーへ売り込みをかけている。「川下」を目指すM&Aが始まった。

記事を読む
【G-FACTORY】海外に広まる500円うな丼

【G-FACTORY】海外に広まる500円うな丼

G-FACTORYは飲食店経営のM.I.T(東京都渋谷区)を完全子会社化。同社が経営する飲食店の拡充、新業態開発、海外進出による多店舗展開の加速を狙う。海外展開、M&Aが2019年のキーワードになりそうだ。

記事を読む
【加賀電子】富士通エレを子会社化 、業界トップへ宿願のM&A

【加賀電子】富士通エレを子会社化 、業界トップへ宿願のM&A

加賀電子が1月1日に富士通エレクトロニクスを子会社化した。連結売上高は5000億円規模と、エレクトロニクス商社として業界トップクラスに躍進する。今年は加賀電子設立50年の節目。次の50年に向けて今回の大型M&Aが跳躍台となるのか。

記事を読む
【ニッコンホールディングス】M&Aで物流業界の「課題」を解決

【ニッコンホールディングス】M&Aで物流業界の「課題」を解決

ニッコンホールディングスは完成車輸送では国内首位。好調な自動車生産を受けて業績は安定成長が続く。一方でドライバー不足や燃料費の高騰など運輸業界を取り巻く環境は厳しさを増す。同社は中期経営計画の最重要項目として M&Aを掲げ、構造改革に臨む。

記事を読む
【ゼンショー】海を渡った牛丼、次は寿司か?和食か?海外M&Aに舵

【ゼンショー】海を渡った牛丼、次は寿司か?和食か?海外M&Aに舵

ゼンショーホールディングスは4000店舗を超える持ち帰り寿司店を運営する米国のAFCを買収。今後M&Aの軸足を少子高齢化、人手不足の荒波が押し寄せる国内から大海原が広がる海外に移す。

記事を読む
【OATアグリオ】好業績を背に、社運かけて蘭クリザール買収

【OATアグリオ】好業績を背に、社運かけて蘭クリザール買収

農薬メーカーのOATアグリオが業績を着実に伸ばしている。2010年に大塚化学からMBOで分離独立し、14年に株式上場。売上高は年平均8%で拡大し、営業利益率も2ケタをキープする。この11月、売上高の半分以上を投じて大型M&Aに踏み切った。

記事を読む
【くふうカンパニー】ライフスタイルをフルカバーするメディアへ

【くふうカンパニー】ライフスタイルをフルカバーするメディアへ

くふうカンパニーは2018年10月、住宅購入や賃貸、リフォームの情報サイトを手がけるオウチーノと、結婚式場の口コミサイトを運営するみんなのウェディングが共同株式移転して設立した持株会社だ。持株会社化と同時に、積極的なM&Aに乗り出している。

記事を読む
【NTT】子会社再編で海外強化 M&Aも活発に

【NTT】子会社再編で海外強化 M&Aも活発に

NTTが2018年11月にグローバル事業の競争力強化に向け組織を大きく変更した。これに伴い新たな領域への研究開発に今後5年間は従来比10%アップの投資を行う。M&Aについても今後5年間はペースアップが見込めそうだ。

記事を読む
【オープンハウス】「都心戸建」で快進撃、M&Aで基盤固める

【オープンハウス】「都心戸建」で快進撃、M&Aで基盤固める

住宅中堅のオープンハウスの勢いが止まらない。「東京に、家を持とう」をキャッチフレーズに一躍知名度を上げた同社。売上高は2013年の株式上場からこの間、4倍に拡大し、来期はいよいよ5000億円突破を目指す。快進撃の理由とは。

記事を読む
【マクセルHD】名門「日立」を去ったカセットメーカーの進路は

【マクセルHD】名門「日立」を去ったカセットメーカーの進路は

カセットテープのトップブランドだった「マクセル」。カセットテープは今も使われているが、最盛期に用いられた音楽録音用媒体としては次々に登場する新しいメディアに主役を奪われた。カセットテープの凋落後、マクセルは波乱万丈の歴史を刻むことになる。

記事を読む
【スクロール】M&A によって業容が急変 1000億円の大台突破を目指す  

【スクロール】M&A によって業容が急変 1000億円の大台突破を目指す  

カタログ通販からスタートしたスクロールがM&Aを活発化させている。2018年だけでもすでに5社を買収しており、そのうちの1社はなんと旅行会社。祖業の衣料品通販から事業スタイルが大きく変わりつつある。

記事を読む
【ユニ・チャーム】大型M&Aで“アジア制覇”に一歩前進か

【ユニ・チャーム】大型M&Aで“アジア制覇”に一歩前進か

ユニ・チャームは紙おむつ、生理用品など衛生用品で世界市場を開拓し、海外売上比率は6割に達する。なかでも圧倒的な強みを発揮するのがアジア。9月には600億円を投じてタイの同業大手を買収した。“アジア制覇”にまた一歩前進した格好だ。

記事を読む
【ヨネックス】「大坂なおみ」効果だけではない独自の強みを発揮

【ヨネックス】「大坂なおみ」効果だけではない独自の強みを発揮

テニス4大タイトルの一つ全米オープン女子シングルスで、大坂なおみ選手が優勝を果たした。400億円もの経済効果があるという今回の優勝。その恩恵を最も受けているのが、ラケットなどを提供したヨネックスだ。大坂選手へのサポート手法はM&Aに通じる。

記事を読む
【高島屋】独立独歩の運営 次のM&Aはいつ

【高島屋】独立独歩の運営 次のM&Aはいつ

高島屋が独自路線を強めている。大手の百貨店は2000年に入り経営統合によって4つの大きなグループにまとまった。高島屋は4グループと並ぶ存在として独立独歩の運営を続けている。

記事を読む
【ソラスト】怒涛のM&A、介護事業に次代のエースを託す

【ソラスト】怒涛のM&A、介護事業に次代のエースを託す

ソラストが介護事業で攻勢を強めている。その原動力が積極的なM&A。同社は診療報酬請求や受付・会計などの医療事務受託のリーディングカンパニーだが、次代の“エース”の座を託すのが介護事業だ。

記事を読む
【VTホールディングス】新車販売「冬の時代」に成長する力とは

【VTホールディングス】新車販売「冬の時代」に成長する力とは

国内自動車販売会社の苦戦が続いている。少子高齢化によるドライバー人口の減少やレンタカー、カーシェアリングへのシフトの影響により、新車販売台数は長期的に減少が避けられない。そんな「冬の時代」でもVTホールディングスは成長を続けている。なぜか?

記事を読む
【協和エクシオ】4社の経営統合でどう変わるのか

【協和エクシオ】4社の経営統合でどう変わるのか

協和エクシオが2018年10月1日にシーキューブ、西部電気工業、日本電通と経営統合した。電気通信工事市場が縮小傾向にあるため、工事の採算性を改善し安定した収益を確保するのが狙いだ。

記事を読む
【城南進学研究社】「総合教育企業」へM&Aによるグループ経営を推進

【城南進学研究社】「総合教育企業」へM&Aによるグループ経営を推進

城南進学研究社は「総合教育ソリューション企業」を経営の旗印とする。大学受験の「城南予備校」から出発し、小中高生、乳幼児、大学生、社会人まで教育サービスを広げてきた。こうしたフルライン戦略を可能したのがM&Aによるグループ経営の推進だ。

記事を読む