【ゴルフダイジェスト・オンライン】好調なレッスン事業 練習場をクラブ風に装飾

alt
東京都千代田区内のGolfTEC

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)<3319>が、手がけるゴルフレッスン事業が好調だ。

2018年に子会社化した米国のゴルフレッスンチェーン大手GolfTEC Enterprises, LLC(コロラド州)が、のれん償却前の営業利益で黒字化したほか、日本国内で展開しているGolfTECのレッスン事業の売上高が2021年12月期に前年度比46%もの大幅な増収となった。

日米ともに、コロナ禍の中、ゴルフに関心が集まり、20代の若いゴルファーが増加していることから、レッスン需要が拡大していることが背景にある。

GolfTEC は2022年8月に、米国のSkyTrakグループから一般ゴルファー向けゴルフ弾道測定器SkyTrak事業を買収した。同事業をレッスン事業に取り込み、米国での基盤を強化するのが狙いで、うまく軌道に乗れば日本の直営店での展開も見込める。

M&Aが同社の成長に大きな役割を果たそうとしている。

レッスン直営店の出店を加速

GolfTECは米国のほかにも、カナダや東南アジアなど6カ国で235店舗を運営しており、スイングのデータや、ボール、ゴルフクラブのデータ、ユーザーの個人データなどを基に、各人に合ったレッスンを行うスタイルが支持を得た形だ。

一方、国内のGolfTECの直営店は、2020年に116店だったのが、2021年12月期には新規出店の12店とフランチャーズ店の買戻しによる16店を加えた144店に増加した。

店舗網の拡大が、大幅な増収の要因で、同社では新規出店とフランチャイズ店の買戻しを引き続き推進していくことにしており、さらなる増収を目指す計画だ。

オプティモーションという新しいテクノロジーの導入も顧客満足度の向上に役立った。オプティモーションは、スイング映像からAI(人工知能)で骨格情報を推定し、3次元でスイングを解析する技術で、これまで体への装着が必要だったセンサーなどが不要になったため、測定装置の影響を受けない実際のスイングを解析できるようになった。

こうした取り組みの成果が、数字となって現れたのが2021年12月期だったわけだ。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

ゴルフ関連の上場3社、そろって増収も利益はまちまち

ゴルフ関連の上場3社、そろって増収も利益はまちまち

2022/08/18

ゴルフ関連の上場企業3社がそろって2022年8月に決算を発表した。コロナ禍の中、感染リスクの低いスポーツとして若者を中心に愛好者が増えつつあることから、3社ともに増収を達成した。