【ジンズホールディングス】メガネ版「SPA」を先んじて確立、業界2位に躍進|海外一極生産から脱皮も

alt
「JINS」店舗(東京・吉祥寺)

メガネ専門店「JINS」を展開するジンズホールディングス<3046>。メガネ版SPA(製造小売業)による低価格路線を確立し、市場に旋風を巻き起こしてきた。メガネ業界の新興企業として登場して20年余り。現在では業界2位に躍進を遂げた。その同社が初の本格的な企業買収を手がけた。

福井県のメーカーを子会社化

ジンズは10月28日、メガネフレームを製造するヤマトテクニカル(福井県越前市、奥田博之社長)を子会社化した。第三者割当増資を引き受け、株式51%を取得した。

メガネフレームの国内生産拠点を確保し、中国に依存する生産の分散化や為替変動リスクなどに対処する狙い。また、国内に生産拠点を持つことで店頭に商品が届くまでのリードタイム短縮につなげる期待もある。取得金額は開示していない。

ジンズはメガネ、サングラス、グラスコード(メガネストラップ)などのアイウエアについて企画、製造、販売を一貫して行うSPA方式を実現。商品のデザインや企画は自社で行う一方、生産は主に中国の協力工場に委託している。

海外での生産拠点の一極集中は世界経済の動向や為替リスクにさらされる度合いが高い。足元ではロシアのウクライナ侵攻の長期化、記録的な円安進行、原材料・エネルギー価格の高騰などの影響が拡大している。こうした中、継続的かつ安定的な商品調達のために国内で生産拠点の確保に着手したもので、手立てとしてM&Aを繰り出した。

傘下に収めたヤマトテクニカルは2018年9月に設立。メガネフレームの射出成形生産と塗装を手がけている。

SPAで低価格路線を実現

メガネといえば、かつては限られた人が使う医療器具の一つで、高価というイメージがあった。それがファンションアイテムとしてとらえられ、その日の気分や服装に応じてメガネを選ぶといったカジュアルなものになった。近年はスポーツ用、目の健康など、メガネに対する消費者ニーズも一段と多様化している。

こうした流れをとらえて右肩上がりで成長してきたのがジンズだ。SPA方式による流通の中抜きで低価格路線を具現化。同社が提供する商品の多くは1万円以下で購入できる。2022年8月期におけるメガネ一式の平均単価は8510円。フレームとレンズのセット価格表示とし、価格の透明感を高めている。

商品面ではパソコン、スマートフォンから放出されるプルーライトをカットするメガネ「JINS SCREEN」で大ヒットを飛ばしたことで知られる。超軽量「エアフレーム」、花粉対策用「JIN 花粉CUT」といった品ぞろえも人気を呼んでいる。

ジンズは1988年、創業者の田中仁・現代表取締役CEO(最高経営責任者)が前橋市に前身のジェイアオエヌを設立したことに始まる。バッグ、帽子、アクセサリーなどの服飾・生活雑貨の企画、製造、卸売りに乗り出した。

◎ジンズホールディングスの沿革

1988年 前橋市でジェイアイエヌ(現ジンズホールディングス)を設立
2001年 福岡市に「ジンズ天神店」を出店し、アイウエア事業に進出
2006年 大証ヘラクレス市場に上場
2010年 吉姿商貿(瀋陽)有限公司を設立し、中国に進出
2011年 睛姿商貿(上海)有限公司を設立
睛姿美視商貿(北京)有限公司を設立
2013年 東証1部に上場
米国にJINS Eyewear US(サンフランシスコ)を設立
2015年 台湾に台彎睛姿股份有限公司を設立
2016年 香港にアジア統括会社JINS ASIA HOLDINGSを設立
2018年 香港に販売会社JINS Hong Kongを設立
オフィススペース企画・運営のThink Lab(東京都千代田区)を設立
2019年 持ち株会社制に移行し、ジンズホールディングスを設立
装飾品・装身具販売のVios INTERNATIONAL(東京都中央区)からアイウエア事業を取得
2020年 レディース雑貨・メンズ雑貨事業から撤退
2021年 ソフト開発のフランスFITTIGBOX S.Aを持ち分法適用関連会社化
2022年 10月、眼鏡フレーム製造のヤマトテクニカル(福井県越前市)を子会社化

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

【市光工業】「ミラー事業」売却を決断、自動車変革期にどう立ち向かう?

【市光工業】「ミラー事業」売却を決断、自動車変革期にどう立ち向かう?

2022-10-13

市光工業が事業基盤の再構築にアクセルを踏み込んでいる。自動車用ランプ・ミラーの専門メーカーとして地歩を築いてきた同社だが、2枚看板のうち、ミラー事業を売却することを決断した。